Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ自粛でお疲れの自分へ、たまには“ごほうび”を! 内容、予算、タイミングは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Suits-woman.jp

「コロナ疲れ」「コロナストレス」といった言葉もあるように、新型コロナウイルスの影響によってストレスを感じている人は多くいます。ときには自分を励ますために、“ごほうび”があってもいいのではないでしょうか。 電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、全国の女性13,689人を対象に、自分への“ごほうび”に関する意識調査を実施。ウイルスという見えない敵に対して我慢をした“ごほうび”に関して、どのような意識を持っているのでしょうか。

ごほうびは「頑張ったとき」に!

調査によると、3か月以内に自分へごほうびをした人は全体の約半数(49.1%)でした。ごほうびの理由について聞いたところ、<頑張る>というキーワードが頻出する結果に。また、「疲れる(疲れた)」、「発散したい、気分転換」という単語も多く見られました。 ・次の日も頑張れるようにするため(20代) ・これからもモチベーションを上げて頑張っていくため(30代) ・コロナの自粛生活を楽しく過ごすため(30代) ・仕事で疲れていても家事、育児をしている自分に気分転換のため(40代) ・自粛中のワンオペ育児を頑張ったので(30代) ・なかなか外出できずストレス発散したかった(40代) ・毎日お仕事お疲れ様!のねぎらい(30代) 家事や育児、仕事を頑張ったという理由や、コロナ自粛を受けてストレスを発散したかったという理由が多数挙げられました。 さらに「これから頑張るため」「自粛生活を楽しく過ごすため」など、これから自分のモチベーションを上げたいという意見も。

自分へのごほうびは「疲れた自分を癒したい時」がトップ

過去に一度でも自分にごほうびをしたことがあると回答をした84.8%の女性を対象に、どのような時に自分へごほうびをするかを聞いたところ、「疲れた自分を癒したい時」(60.4%)が6割以上でトップ、次いで「ストレスを感じている時」(37.2%)が4割という結果でした。前述の通り、癒しと向上心アップのためにごほうびは大切な存在といえそうです。

【関連記事】