Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

蒼井優×高橋一生共演の『スパイの妻』が劇場公開 心揺さぶる予告編も解禁

配信

オリコン

 女優・蒼井優と俳優・高橋一生の共演で、NHK・BS8Kでドラマ化された『スパイの妻』が、劇場版として10月16日に公開されることが、発表された。さらに、高橋と蒼井がどこか緊張感のある面持ちを見せるティザービジュアルと、予告編映像も解禁になった。 【動画】心揺さぶられるような予告編映像  1940年、満州で恐ろしい国家機密を知ってしまった優作(高橋)は、正義のために、この秘密を世に知らしめようとする。妻の聡子(蒼井)は、反逆者と疑われる夫を信じ“スパイの妻”とののしられようとも、ただ愛する夫と生きることを心に誓う。しかし、太平洋戦争開戦間近の日本で、夫婦の運命は時代の荒波に飲まれていく…。  メガホンをとるのは、映画『CURE』(1997年)『回路』(2001年)『旅のおわり世界のはじまり』(19年)などで知られる巨匠・黒沢清監督がドラマ版に続き担当。さらに、坂東龍汰、恒松祐里、みのすけ、玄理、東出昌大、笹野高史らが共演陣として名を連ねる。  予告編では、神戸で貿易会社を営む優作が「悪魔のような所業を見た」と声を振り絞りながら告白するシーンからスタート。疑いをかけられる夫に対し「あなたがスパイなら、私はスパイの妻になります」と声をかける聡子。続けて「捕まることも死ぬことも怖くはありません! 私が怖いのは、あなたと離れることです!」と思いをぶつける。一体、優作が知ってしまった国家機密とは何なのか。見る人の心を揺るがすような、映像になっている。

【関連記事】