Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【夏の自由研究】真夏の小倉で単勝回収値135 松若風馬騎手の攻めどころとは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SPAIA AI競馬

夏の小倉で頼れる男、松若風馬騎手

夏の小倉といえば、九州出身の川田将雅騎手や浜中俊騎手が毎年好成績をあげ注目を集めるが、馬券的妙味という視点からみると、松若風馬騎手を忘れてはならない。 【小倉記念 2020年予想】サトノルークス、ランブリングアレー他 有力馬を徹底検証(京大RC編) 小倉の夏開催、騎手に関するデータがここにある。過去10年100走以上騎乗した騎手限定の勝率順ベスト10だ。 1位福永祐一、2位川田将雅は勝率18%超、複勝率40%オーバーとさすがの数値だが、回収値はいずれも100を下回る。リーディング上位騎手だけに人気馬への騎乗ばかりでベタ買いすると儲からない。これはしかたない。強い馬にいい騎手が乗るのは自然の摂理に近い。 しかし上位10人のなかで唯一単勝回収値が135とベタ買いしても儲かってしまうのが松若騎手だ。夏の小倉は松若騎手の単勝を残らず全部買おう、まあこれでも儲かるからまちがいではないけど、ここ10年間の夏の小倉での勝利数は川田騎手122勝、浜中俊騎手134勝に対して松若騎手は45勝。といっても松若騎手は14年デビューで夏競馬騎乗は6年間。6年で45勝、ひと夏平均7~8勝。総騎乗回数は491回、その確率、勝率は9.2%。だからこそ効率よく狙いどころを押さえたい。

芝1200mの傾向分析

まずは芝の傾向から考える。 距離別でみるとダントツなのは1200mで【12-12-5-139】。1200m戦で日本一時計が早いとされる小倉芝1200は施行回数も多く、松若騎手の騎乗回数も多いため確率的には高くはないが、単勝回収値は200もある。ここはぜひ押さえよう。 確率でいえば5歳【2-0-0-8】勝率20%だが、騎乗数10回、単勝回収値70で上位人気馬ばかり。であれば4歳【3-3-0-15】勝率14.3%、複勝率28.6%、単勝回収値430、複勝回収値127がおいしい。3勝で資金4倍、10、7、4人気と穴馬もここから出る。反対に夏の短距離戦で有利な3歳は【2-5-2-54】と案外勝ちきれず。騎乗数が多く絞りにくいうえに単勝回収値は33。悩ましいところ。2歳は【5-4-3-57】と勝ち切り傾向、単勝回収値も316とおいしい。2歳戦の芝1200mに松若騎手騎乗は注目しておこう。 内枠は悪くはないが、回収値は低めなので上位人気馬をケアしておけばOK。注目は外枠だ。6枠【3-3-0-16】勝率13.6%、複勝率27.3%、単勝回収値937、複勝回収値140、7枠は単回収値29だが、【3-2-1-24】と率は高め。8枠【2-0-0-20】単勝回収値は158。どうやら外枠で穴を出す傾向があり、6枠3勝は11、2、6人気、2着3回は4、4、1人気で1人気は1回しかない。8枠2勝は8、7人気。小倉芝1200m、外枠に松若騎手もポイントだ。 乗り替わりの有無で成績に違いがあるか調べると、乗り替わり【6-5-2-69】、継続騎乗【4-4-2-42】と確率はほぼ互角も単勝回収値は前者が134、後者は68と明暗くっきり。小倉芝1200、乗り替わり松若騎手、これだけで単勝をベタ買いするとプラスになる。 さらにフカボリを。松若騎手で夏の小倉芝1200mに出走した馬のその前のレースでの着差別の成績。前走タイム差なしの負けや0秒1~0秒2負けた、いわゆる前走惜敗組が次のレースで来るのは当然といえば当然。注目は勝ってきた馬。それも2着に大きな着差をつけた馬ではなく、0秒1~0秒2差で勝った馬に松若騎手が乗った場合だ。【3-1-1-4】勝率33.3%、複勝率55.6%、単勝回収値1081、複勝回収値298と驚異的。3勝は10、7、6人気。昇級馬が松若騎手騎乗により夏の小倉で連勝するというシナリオを描けそうなときは買いといえよう。たった1回だが勝利した前走着差0秒3~0秒5差勝ちも8人気(17年フェニックス賞ゴールドクイーン)だった。 前走から距離延長、同距離、距離短縮で成績を見ると、同距離、つまり前走1200m出走馬に松若騎手が乗った場合は【8-4-2-73】で延長【0-0-0-3】、短縮【1-5-2-35】を圧倒。ちなみに残り3勝中2勝はデビュー戦、1勝は前走障害出走馬だった。

【関連記事】