Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NEWS23、小川彩佳アナが産休に入って視聴率上昇、局アナの不満はたまるばかり……

配信

デイリー新潮

 TBS「NEWS23」の小川彩佳アナ(35)が産休に入った。7月3日の放送で、彼女は、「来週から出産に備えましてしばらく番組をお休みすることとなりました。産後は体調と相談しながらですが、再びNEWS23で皆さまにお目にかかる予定です」と挨拶した。もっともTBS内部からは、早くも「彼女がいなくても視聴率は変わらない」なんていう声が出ているという。 【写真】男性ファンを悩殺する女子アナ  ***

 関係者はこう言う。 「彼女が産休に入った翌週から、『NEWS23』の視聴率が上がっているんですよ」  TBSがテレビ朝日のアナウンサーでライバル番組「報道ステーション」のサブキャスターを務めた彼女を、「NEWS23」のメインキャスターに三顧の礼で迎えたのは、昨年6月のこと。以来、思ったように視聴率が伸びていないことは度々報じられてきた。 「初回の視聴率は4・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と、前任の元TBSの雨宮塔子アナの平均視聴率よりも落としてしまいました。その後も、視聴率は3~5%と低迷していました。古巣の『報ステ』は15%以上を記録しているのですから、お話にもなりません。結局、産休に入る直前までその傾向は変わりませんでした」(同)  彼女がいなくなってどのくらい上がったのだろうか。 「3%台がなくなったんです。なんだ、その程度かと思われるかもしれませんが、6月29日は3・6%だったのが、翌週7月6日は4・0%に。7月2日は4・4%でしたが、翌週9日は4・9%と、0・5ポイントも上がっている日まである。ビデオリサーチは、この4月から、関東地区のサンプル数を900世帯から3倍の2700世帯に増やしました。たとえ0・5の差でも正確性は高まっていますし、その差は大きい」(同)  なんとも皮肉な話である。 「これでTBSの局アナの不満はさらに高まるでしょうね。TBSには早朝の『あさチャン!』は夏目三久アナ、『グッとラック!』は噺家の立川志らく、お昼の『ひるおび!』はホンジャマカ恵俊彰、夕方の『Nスタ』はホラン千秋、そして『23』には小川アナと、局アナがメインの番組がないんです。もちろん、安住紳一郎アナは別格です。使えると思ったら、とことん使いまくるくせに、認められるまでは使おうともしない。局アナは提供アナウンスだけ読んでろってことか、と不満が溜まり、辞めていく女子アナも多いんです。ちょっと前には、元テレ東の大橋未歩アナにこの話を指摘され、話題になりました」(同)

【関連記事】