Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナに感染、回復傾向にあるNY在住の男性「自宅療養者の多くは公式発表数に含まれない」

配信

エキサイトニュース

新型コロナウイルスの感染者は世界で270万人を突破し、死者は19万人にのぼっている。日本全国でも緊急事態宣言が発令されたが、まだ身近に感染者がいない人々にとっては、闘病者や回復者の生の声を聞くことがない。 現時点(2020年4月23日)で世界で最多の新型コロナ感染者数を記録しているアメリカにて、コロナウイルスに感染、自宅療養ののちに回復傾向にある、ニューヨーク在住の日本人男性会社員に話をうかがった。 取材・文/加藤亨延 対策を講じていても感染してしまう驚異的な感染力

――新型コロナに感染した時期を教えてください。 自分が新型コロナかもしれないと思い始めたのは、3週間前に突然咳が出始めてからです。鼻水などといった典型的な風邪の症状は出ず、なぜか空咳だけ。そこで自分の過去の行動を振り返ってみました。ニューヨークでは3月12日に既に非常事態宣言が出ており、それまでも外出は極力控えていましたが、それ以降は完全に外出自粛をしていました。外に出たのはたった一度、スーパーマーケットへ食料品を買いに行った時のみです。 ――手洗いなどの対策はしていましたか? 手洗いだけでなく持ち物の消毒もしており、できる限りの新型コロナ対策をしていました。私は健康で持病のない30代です。しかし、それでもかかる。これは普通の風邪やインフルエンザとは違う、想像以上の感染力だと思いました。 ――新型コロナ「かもしれない」が確信に変わったのはいつ頃ですか? 新型コロナだと思われる症状が出始めてから医療機関にかかったり検査は受けられましたか? 日本も同様だと聞いていますが、アメリカでは新型コロナの検査はなかなか受けられませんでした。そのため私も検査を受けたわけではありません。私の場合、症状が進行したため、かかりつけの診療所に連絡を取った結果、新型コロナだろうという判断をされました。 ――新型コロナだろうというかかりつけ医の診断後、どのように過ごすように指示されましたか? 外出して検査を受けることで、さらに他人に感染が広がったり、外出により患者本人の体調が悪化するリスクを避け、急激に体調が悪化しない限りは自宅にて療養、隔離するようにガイダンスされました。米国では、多くの人が私同様に「恐らく新型コロナだ」という状態で自宅療養しています。こうした人々は検査を受けていないので公式に発表されている感染数に含まれていません。 ――公表されている数字より実際の感染者数は多そうですね。 私の周りは、新型コロナの疑いがあっても検査を受けた人はおらず、何人もの友人が私同様に自宅で闘病し、回復を待っています。アメリカの病院では重病患者以外を受け入れるキャパシティがなくなっており、また投薬による治療方法が確立されていないため、重病患者以外にはこのような体制(自宅療養)が敷かれています。 咳、高熱、頻呼吸、肺の圧迫感、味覚と嗅覚の喪失が次々と

【関連記事】