Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

辛酸なめ子の「おうちで楽しむ」イケメン2020vol.1「ワールドワイドなイケメンで現実逃避」|CLASSY.

配信

magacol

「イケメン」、それはすべての女子にとって最大の癒しアイテム。おなじみ辛酸なめ子さんが、今こそ必要な「(会えないけど)おうちで楽しめるイケメン」を幅広いジャンルからピックアップ。「イケメン」に飢えた全女子に寄り添う連載をお届けします! 辛酸なめ子の「おうちで楽しむ」イケメン2020vol.2「愛県心が高まるイケメン知事」

辛酸なめ子の「おうちで楽しむワールドワイドなイケメン」4選

今ほどイケメンが求められている時代はないかもしれません。街ゆく人々がほぼマスクで顔の全体像が見えず、もちろんカフェやアパレルショップのイケメン店員の顔も判別できない、日常のときめきが半減してしまったような状況です。女性はイケメンを見ることで免疫を活性化させていた一面もあるのに……。健康のために世界各国のイケメン画像を見つけなければ、という急を要するモチベーションにかられ、イケメンをピックアップしてみます。  まずはワールドワイドな世界のイケメンから……。浮世離れしていて、彼らのことを考えるだけで現実逃避できるイケメンです。

「イケメンすぎる王子」ブルネイのマティーン王子

picture alliance/アフロ 天皇陛下の「即位礼正殿の儀」や「饗宴の儀」に参列した凛々しい姿が注目を集めたブルネイのマティーン王子は「イケメンすぎる王子」と呼ばれてブレイク。お父様のボルキア国王も70代なのに50代に見えてカッコいいですが、マティーン王子はアジア系の童顔気味のルックス(日本人の血も入っているらしいです)に、マッチョなボディのギャップが素敵です。 国王には12人もお子さんがいる中、彼一人だけ儀式に同行させるとは、可愛がられている期待の王子なのでしょう。1991年生まれで、ロンドン大学で国際研究と外交を専攻し、特技はポロや総合格闘技、サッカー、スキーなど文武両道です。インスタ見ると、ポロや野球、ボクシング、射撃、パラシュート、サーフィンなどあらゆるスポーツに励むお姿が。そして筋肉が着実に育ってマッチョ化が著しいです。おそらく筋肉が恋人タイプで、女性の影が今のところ見えないのに安堵。一夫多妻制なので逆にチャンスは多いかもしれません。

【関連記事】

最終更新:
magacol