Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

熱中症対策、マスクはしていい? コロナ禍での決断、専門家の見解 「暑さ指数」の意味、車中泊の怖さ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

連日、コロナ感染の増加、そして、猛暑による熱中症に関して様々なメディアで報道されています。具体的な対策は紹介されているものの、結局どうすれば良いのかわからないという声を聞きます。そこで、前回、「コロナ禍でもすぐできる!大雨&台風への備え2020年度」を作ったメンバーと熱中症の対策集もつくろうという話になりました。今回は熱中症対策として「医療の翻訳家」の市川さんも加わって、コロナ感染と熱中症の二つをどのように考えていくかまとめました。まとめる中で、気付いたことなどを中心に記事にしたいと思います。(FUKKO DESIGN 木村充慶) 【イラスト解説】マスクしなくてもいい時の見極め 今すぐ使えるイラスト「熱中症対策2020年版」

今年はお盆にかけて暑さがピーク

コロナ感染者が全国的に増加する不安の中、梅雨が明け、連日、猛暑が続いており、熱中症に不安を抱える人も多いでしょう。 テレビやネットなどのニュースではコロナ禍で、熱中症の対策が連日紹介されています。気象庁によると、今年はお盆にかけて暑さがピークを迎えるそうです。 一方で、「暑さ指数」や「熱中症警戒アラート」などの用語についていまいちピンときていない人も少なくありません。そして今年は新型コロナウイルスの感染対策も考えなければならず「結局、マスクを着用するべきか、熱中症のためには、はずすべきなのか」判断がつかないケースも出ています。 そんな熱中症に関する身近な不安や悩みにこたえる情報をまとめられないか。気象や災害、医療の専門家が集まり作ったのが「熱中症への備え2020年版」です。 メンバーは、雲研究者の荒木健太郎さん、災害支援団体JVOAD明城徹也さん、元内閣防災官房審議官の佐々木晶二さん、デザイナー、コピーライター、筆者に加え、「医療の翻訳家」として『教養としての健康情報 「それ」本当に信じていいですか?』の著書もある市川衛さんに入ってもらい、7人でコロナ禍における熱中症対策集を作りました。

「暑さ指数」って何?

熱中症対策といっても、聞き慣れない言葉が少なくありません。連日ニュースで取り上げられている「暑さ指数」について。 「暑さ指数」は、気温だけでなく、湿度、日射・ふく射(簡単に言うと、物から放出されるエネルギー)など熱に関する環境をもとに計算した目安です。 「単位が度ということで気温と勘違いされる方が多いのですが、気温だけでなく、色々な環境を統合して出した数値であり、気温と異なるので注意してください」と雲研究者荒木さんは指摘します。 最近ではテレビやネットの気象予報でも紹介されていますが、自分の住んでいるエリアの暑さ指数を知りたければ、環境省のWebサイトや、NHKやヤフーのスマホアプリで確認できます。 荒木さんは「暑さ指数や気温はあらかじめ確認できる情報なので、事前にしっかり見るようにしましょう」と注意を促します。 また、関東甲信地方の人はニュースで「熱中症警戒アラート」という言葉をよく聞くと思います。今年からスタートした警戒情報ですが、これも暑さ指数がもとになっています。 暑さ指数が33度以上になると予想された場合に発表されます。関東甲信地方の方はチェックしましょう。 【暑さ指数の目安】 ・注意=21度から25度 ・警戒=25度から28度 ・厳重警戒=28度から31度 ・危険=31度以上 【気温の目安】 ・夏日=最高気温が25度以上の日 ・真夏日=30度以上の日 ・猛暑日=35度以上の日

【関連記事】