Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

占い嫌いの有吉弘行、新型コロナを「占い師は誰一人当てなかった」

配信

SmartFLASH

 5月24日放送の『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で、有吉弘行が、新型コロナウイルス感染拡大に関する占い師への不満を語った。  占い嫌いの有吉は、電話出演した手相占い芸人・島田秀平に「今回のコロナ騒動、占い師は誰一人として当てなかったし、解決方法も占ってくれなかった。本当に全員クズだね、占い師ってのは」と不満タラタラ。  島田は「今年は、ねずみ年でも『庚子(かのえね)』といって、(60年に1度の)新しい世界が始まる年回りで、生活がガラリと変わるよ、と言っていた」と何らか変化が起こると指摘していた占い師もいたと主張。だが、有吉は「生活がガラッと変わるのは4月。それは毎年、入学・卒業・入社で4月にはみんなガラッと変わるんですよ」と物は言いようだと反論。島田は「有吉さん、本当にド正論すぎて、こっちは何も言えなくなってます」と苦笑していた。  有吉はかつて『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、占い好きの久保田直子アナウンサーに嫌悪感をあらわに。有吉は「ホームレスのおやじさんや新橋のおじさんの方が、占い師よりよっぽどいいこと言う」とツッコミ。「占い師はカウンセラー。病気の人を診ているだけ」と語り、「話して気持ちが軽くなるのは、(久保田アナが)病気だから」と言いたい放題だった。  統計学を基にしたものもあるが非科学的な要素も強い占い。有吉弘行はどうしても信用できないのだろう。

【関連記事】