Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

13年前「ラオウの葬儀にノリで来た女性」の今。キャバクラ会社役員になっていた

配信

女子SPA!

「私ぶっちゃけ今日ノリで来たんで」  と、テロップが出された女性のインタビュー画像、どこかで見たことありませんか? ⇒【写真】現在の津野まあやさん

「ラオウの葬儀にノリできた女性」

 2007年4月18日、漫画『北斗の拳』の人気キャラクラ―であるラオウの葬儀「ラオウ昇魂式」が高野山東京別院にてとり行われ、多くのファンが詰めかけました。そんななかで当時、ニュース番組のインタビューに「ラオウを知らない女性」として答えていた若い女性がネットを中心に話題となったのです。  女性はインタビューに「私、ぶっちゃけ今日ノリで来たんで」と答え、その画像をもとに作成されたアスキーアート(文字や記号を使って表現された絵)と共に、掲示板の2ちゃんねるを発端に、ネット上で長きに渡って使用されてきました。  それから13年後、当の本人がTwitterに降臨。現在、札幌のキャバクラ運営会社で役員を務める津野まあやさん(31)が投稿した該当ツイートは2.4万リツイートされるなど、大きな反響が寄せられました。彼女はいったい何者なのか? なぜ今になって当時のことを打ち明けるにいたったのか? 本人に聞いてみました。

「正直、何が面白いのか全然わからなかった」

――今から13年前、ラオウの葬儀に参加されたわけですが、当時は本当にラオウのことは知らなかった? 津野まあや(以下、津野)「はい。全然知らなくて、ノリで友達についていっただけだったんですよ(笑)」 ――本当に知らなかったんですね。テレビで例のインタビューが放送された後、周囲の反応はどうでしたか? 津野「はい、たまたま誘われただけなんです。そのあと、テレビで取り上げられたんですけど、それから2年後にワーホリでカナダに行きました。現地で仲良くなった、日本人の友達から『お前、ラオウの葬式に行ったの? 2ちゃんねるで晒されてるよ』って言われて、2ちゃんで私のことがAA(アスキーアート)になっていることを知りました。 ――いつの間にかちょっとした有名人になっていた、と。 津野「もともと2ちゃんとかネットに疎(うと)いこともあって、正直、何が面白いのか全然わかりませんでした。どうやら“やる夫”というキャラに私の顔が似てるらしいけれど、やる夫自体初めてそこで知りましたし。ただ『北斗の拳』のファンからは叩かれていましたね。『ラオウを知らないクセに葬式に参加するな、けしからん!』って(笑)」

【関連記事】