Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

麻雀第一の職人気質 村上淳の確固たる自信「ブレずに同じことをやり続けて優勝しちゃいます」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 レギュラーシーズン個人成績は2位、2019シーズンの赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)は不振にあえぐチームにおいて唯一ポイントを稼ぎ、獅子奮迅の活躍をみせたシーズンだった。 【動画】村上淳、2019シーズンハイライト -2019シーズンは個人成績でタイトル目前でした。 村上淳(以下、村上)  僕は成績が良かったし、チームの雰囲気も明るかったけど、主に園田(賢)が下振れを引いた、という感じ。負けたから何か変えないと、というのではなく、同じようにまたやるということが大事です。2019シーズン全部通して、「やらかした」というのではないので、今年は全員がちょっとずつ勝って、余裕で優勝するんじゃないかなって思ってます。  淡々とそう語る村上の目は当然本気だ。元祖デジタル麻雀の旗手、燃え盛る闘志とは異なり、卓上では0.1ポイントでも得だと思える選択を延々に繰り返す。そして今の村上の根底にあるのはとにかく勝ちにこだわるチームカラー。 村上  僕と(鈴木)たろうさんの実績、それと園田のリーグ戦での勝ちっぷりを見たら、実績が他と違います。僕らを疑う人はいないと思うし、弱いわけがない。勝ちにとにかくこだわる。ずっと同じ気持ちでしたが、今年も去年と同じ気持ちで向かいます。今年はいろんな団体の人と対外試合をやっていて、回数をかなり重ねているので、去年より準備ができているのかなと思っています。  話を卓外に移す。他チームの選手は麻雀、ひいてはMリーグ全体を知ってもらう上で、YouTubeなど麻雀以外の部分での活動も積極的に求める中、村上は違った。プロ野球界のレジェンドで三冠王を3度獲得した落合博満の言葉「勝つことがファンサービス」を持ち出さんばかりの職人気質が村上の矜持だ。 -3年目のMリーグ、ファンを広げるために考えていることは? 村上  僕はもともと麻雀の強さを追求する「芸術家」。自分が描いた絵が売れなくても仕方ないと思っている。売れないといけないのはエンターテインメントとしては当たり前ですが、やっぱり自分がいい絵を描きたいと思ってきてファンの方がいて、スポンサーがいる。絵を見てもらうために、それ以外のこと頑張るというのは何か違うと思っています。もちろん、PRのために何かやってと言われた仕事は全部やらせていただきますが、そこを考えるのは自分の仕事じゃないと思っています。「麻雀ありき、麻雀プロ村上を見てもらう」というのが大事なんです。 -2020シーズンへ向けて、ファンへメッセージを。 村上  今の麻雀を続ければ2度目のチーム優勝もできます。(2年目で負けたからといって)ブレてしまうほうが良くないと思うので。ブレずに同じことをやり続けて、また優勝しちゃいます。  シーズン中のインタビューでも村上はいつも大きな声で、リーグ30選手の中でも特に陽気なキャラクター。しかしこと麻雀においては、冗談めいたことを口にすることは一切ない。「同じことを続けられれば優勝できる」という強烈な自信はこれまでの実績に裏打ちされたもの。この宣言を有言実行とするため、リベンジの3年目が始まる。 ◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。優勝賞金5000万円。

【関連記事】