Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】“痛みの専門科”ペインクリニックは、どんな痛みでも行って大丈夫?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

痛みの種類はさまざまで、頭やお腹が痛くても、原因がわからず何科を受診すればよいか迷うことってありますよね。そんなとき、とりあえず行けば対処してくれるのが、ペイン=痛みを専門とする、ペインクリニックです。本当に、どんな痛みでも行っていいのでしょうか。ペインクリニックが対処できる痛みの種類や、治療法など、熱海市の「どばし泌尿器科クリニック」でペインクリニック内科を担当される土橋富美子先生にうかがいました。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 土橋富美子先生(どばし泌尿器科クリニック) 日本大学医学部卒業。国際医療福祉大学熱海病院麻酔科、国際医療福祉大学講師などを経て、2019年9月に熱海市にて「どばし泌尿器科クリニック」を夫婦で開業し、ペインクリニック内科を担当。日本麻酔科学会認定麻酔科専門医、日本ペインクリニック学会認定ペインクリニック専門医、緩和ケア研修修了。

ペインクリニックは、他の専門医との橋渡し役も

編集部: どんな痛みでも、とりあえずペインクリニックに行ってよいものでしょうか? 土橋先生: はい、どなたでも、どのような痛みでも来ていただいて大丈夫です。そのうえで、痛みの原因がどこにあるのかを探って、処置や対応の仕方を考えます。たとえば、足が痛いといらっしゃった場合、保存的治療で対応できると判断したら当院で神経ブロックや内服薬などの対応を、骨折など手術が必要と判断したら、総合病院をご紹介いたします。また、胃が痛いといらっしゃった場合も同様で、個々の患者様に合った治療を当院で進めていくケースと、行くべき病院をご紹介するケースがあります。ですから、どんな痛みでも来ていただいて、他の専門医との橋渡し役として使っていただければと思います。 編集部: ペインクリニックができた背景を教えてください。 土橋先生: ペインクリニックは、1962年に東京大学の麻酔科学教室に外来として誕生しました。麻酔科はもともと病院の手術室のなかにあり、専門の医師が、看護師や薬剤師、作業療法士などと協力して、手術にともなう痛み止めの注射や薬の投与などを行っていました。そこから派生して生まれたのが、痛み全体を扱うペインクリニックです。その後、痛みの治療を行う専門医制度が確立されていき、現在はペインクリニックとして、独立開業する医師も増えてきています。 編集部: なるほど、もともと「麻酔科」なのですね。 土橋先生: はい。ペインクリニックは、麻酔科医のサブスペシャリティーとして存在します。私達も最初は麻酔科医として習得した技術を、主に外来の日常診療で生かしていくようになったのがペインクリニックということです。麻酔科医としてまずは手術室麻酔を修練します。そして救命救急、ペインクリニック、緩和医療などを学びます。そのなかで、針を使い、痛みの原因となっている神経の近くに局所麻酔薬や抗炎症薬を投与することにより『痛みをブロック』する治療をおこなうのがペインクリニックです。

【関連記事】