Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

走・攻・口・守の4拍子。“スベらない男”楽天・辰己涼介のヒーローインタビューに期待したい

配信

文春オンライン

 強いですねぇ。強い。  開幕してここまで13勝6敗(※7月10日現在)でパ・リーグ単独首位の我らが東北楽天ゴールデンイーグルス、8連勝で勢いに乗る千葉ロッテマリーンズとの6連戦も終わってみれば5勝1敗と圧倒した。 【写真】この記事の写真を見る  正直ここまで山本由伸投手に完璧にやられたオリックス・バファローズ戦以外は、参りましたの展開は一度もないような気がする。  わかりやすかったのは7月7日の福岡ソフトバンクホークスとの試合だ。  先発の千賀滉大は、先頭の茂木栄五郎に対して159キロを3球続け4球目には自己最速タイの161キロ、最後も159キロで三振。この始まりは最悪の未来を予感しがちだが、続く鈴木大地が4球目のその日初めて投げた変化球をいとも簡単にレフト前に運び、浅村栄斗四球後に島内宏明がセンターオーバーで2点を先制した。パ・リーグ打率、打点ベスト10に3人が名を連ねる打線を考えるとピッチャーも力の抜きどころがない。初回に29球を投げた千賀投手は結局5回3失点でマウンドを降りた。  この日イーグルスはピッチャー2人で115球、一方ホークスはピッチャー4人で147球を投げている。なんか勝ったような書きようだがこの試合は4点取られて負けている。  なんだか負け方が異常に強いのだ。

お笑い芸人から見ても凄い辰己涼介の「トークの間」

 勝ちゲームが多いと、おのずと増えるのがヒーローインタビュー。  ファンにとってあんなに気持ちのいい瞬間はない。  そしてうちには辰己涼介というヒーローインタビューハズレなしの男がいるではないか。  思えばドラフト指名時の記者会見。 「楽天カードを作ることからはじめたい」発言から、僕達ファンは心を鷲づかみにされている。  去年ルーキーながら何度も上がったお立ち台でもそのチカラを見せつけている。お笑い芸人的に考察すると、コテコテの関西弁の割にサラッとした言い回しが、東北の土地柄にも実にマッチしているように思う。  そして一番凄いのは質問されてからの「間」のとり方だ。  昨シーズン5月24日、美馬投手とお立ち台にあがったヒーローインタビューがわかりやすいかもしれない。  辰己涼介は、ヒーローインタビューでやりがちな最初に大声で叫んだりはしない。インタビュアーからの形式ばった非日常の言葉を「うわぁ~ん、まぁ、でもぉ~」と日常の言葉に変える事でお客さんとの言葉の距離を近づけてから話すので、自然と笑いやすいのだ。  文字に起こせば普通の事でも球場は笑いに包まれている事だってある。まさに辰己マジック。  先日7月3日、則本投手とのお立ち台では、 「去年則本さんに散々守備の人、守備の人いわれて結構頭にきてたんで……」 「先輩じゃなかったら泣かしたろおもてたんですけど……」  と言い放ち、横で爆笑する則本投手を見ながら、無観客じゃなかったら球場が揺れている様子まで想像させてくれた。

【関連記事】