Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

EXOのベクヒョン、グループに続いてソロもミリオンセラー「韓国で2番目の記録」

配信

中央日報日本語版

EXOのベクヒョンがソロアルバムでもミリオンセラーになった。 ベクヒョンは5月25日発売した2枚目のミニアルバム『Delight』で計101万8746枚(6月30日基準)の販売高を上げ、1カ月でレコード販売量100万枚を突破する快挙をおさめた。ソロ歌手のアルバムが100万枚を突破したのは2001年発表された歌手キム・ゴンモの7thアルバム以来19年ぶりであるため、「チームトップのソロ」ベクヒョンの強いパワーをもう一度確認させる。 グループとしても2013年EXOの1thアルバムが歌謡界12年ぶりにミリオンセラーになり、「レコード販売量100万枚時代」を再び開いた。今回のソロミリオンセラーまで韓国大衆歌謡界でグループとソロアルバムがいずれもミリオンセラーに上ったのはグループ「ソテジワアイドゥル」として活動して1998年と2000年に発表したソロアルバムでレコード販売量100万枚を突破したソ・テジ以来2番目の記録だ。ベクヒョンは約20年ぶりにグループとソロアルバムいずれもミリオンセラーになった歌手が誕生したということから意味深い。 アルバムはガオンチャート集計史上ソロアルバムの最多販売高を上げ、各種レチャート1位を席巻したことに続き、iTunes「トップアルバムチャート」の全世界69地域で1位、「ユナイテッドワールドチャート」1位、中国QQ音楽・酷狗音楽・酷我音楽の「デジタルアルバム販売チャート」1位、QQ音楽から今年韓国歌手として初めて「トリプル・プラチナ・アルバム」の認証を獲得するなど、ベクヒョンの世界的な人気を立証した。

【関連記事】