Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【iSMOS】北岡悟がパンクラスイズム横浜で無観客自主興行開催! ZST王者と対戦

配信

ゴング格闘技

 北岡悟が、2020年7月31日(金)に、自身が主宰するパンクラスイズム横浜にて、無観客の自主興行『iSMOS.1』(イズモスワン)を開催することを発表した。 【写真】直近9戦で無敗の小金は危険な相手だ  同大会では、北岡自ら復帰戦に臨み、現ZSTライト級王者の小金翔と対戦するほか、同ジム所属の元PANCRASE3階級王者・近藤有己の試合など全4試合が決定。  7月31日20時から、ニコニコ生放送(ニコニコプロレスチャンネル)で生中継が予定されており、国内最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake」にて、同大会のサポート(支援)も募集している。  71kg契約で出場する北岡は、2019年7月28日の「RIZIN.17」でジョニー・ケース(米国)に1R終了時 TKO(コーナーストップ)負け以来、1年ぶりの試合。対する小金翔は、2016年6月から9戦無敗(1引き分け)。180cmの長身を活かした四つ組みからのテイクダウンを得意としており、2連敗中の北岡にとって、決して与しやすい相手ではない。果たして、パンクラスイズム横浜のケージを使用した自主興行で復活を果たすことができるのか。  また、青コーナーにはパンクラスイズム横浜所属の4選手が並ぶことが決定しており、近藤有己は78kg契約で、ZST、Fighting NEXUS等でキャリアを積んできた餅瓶太(和神会)と対戦。61kg契約試合では放送作家にして現THE OUTSIDER55-60kg級王者の大井洋一が矢澤諒と、73kg契約試合で木村裕斗と友實竜也が対戦することが決まっている。7連勝中の友實は北岡のDEEPジム時代の後輩でもあり、いずれの選手も北岡の格闘技人脈から、志を同じくする選手たちが参戦し、鎬を削り合うことになる。  ジムでの大会開催に向け、すでに北岡は5月31日に無観客で開催されたプロ修斗で、ABEMA&修斗のコロナ予防対策を視察しており、さらに今後の状況も踏まえ、7月前半には予防対策を発表する予定だ。

【関連記事】