Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

どの俳優も共演者を6人たどればケビン・ベーコンに行き着く!?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニューズウィーク日本版

<ベーコンの「幅広いコネ」に乾杯! 62歳の彼が細く長く愛され続ける理由>

俳優のケビン・ベーコンが7月8日に62歳の誕生日を迎えた。「だから?」と言われそうな半端な数字だが、だからこそこの機会に、彼の俳優としてのキャリアだけではなく、ポップカルチャーに与えた偉大な貢献をたたえたい。 もうピンときた読者もいるかもしれない。ハリウッドのトリビアゲーム「ケビン・ベーコンと6次のつながり」のことだ。 ベーコンは『13日の金曜日』の第1作(1980年)や大ブレイクした『フットルース』(84年)、さらに『ア・フュー・グッドメン』(92年)、『ミスティック・リバー』(2003年)、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(11年)など、数々の傑作映画に出演してきた。 さらに97年には、兄マイケルとベーコン・ブラザーズというロックバンドを結成。こちらも細く長く活動を続け、この7月にはニューアルバムを発表した。先行シングルのタイトルは「コロナ・チューン」。新型コロナウイルスの犠牲者にささげる鎮魂歌だ。 そんなベーコン自身の意思とは無関係に生まれたのが、「6次のつながり」だ。これは「どんな俳優でも共演者を最大6人たどればケビン・ベーコンに行き着く」という逸話にチャレンジするゲーム。ベーコンにたどり着くまでに要するつながりの数は「ベーコン数」と呼ばれる。 <大物ぶらないのが魅力> でも、正解が分からなければゲームにならないのでは? ごもっとも。だが心配は要らない。今はベーコン数を瞬時に教えてくれるウェブサイト「オラクル・オブ・ベーコン」がある。画面の検索欄に俳優の名前を入れると、すぐにベーコン数と詳細なつながりを教えてくれる。 例えば、トム・クルーズのベーコン数は1。なぜなら2人は『ア・フュー・グッドメン』で共演しているからだ。一方、クリス・プラットのベーコン数は2。直接の共演経験はなく、アマンダ・サイフリッドを介してつながっているからだ(プラットとサイフリッドは『ジェニファーズ・ボディ』で共演、サイフリッドとベーコンは『ユー・シュッド・ハブ・レフト』で共演している)。

【関連記事】