Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

これぞスバル流ミニバン!! 佳作 エクシーガの不運【偉大な生産終了車】

配信

ベストカーWeb

    毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。 【画像ギャラリー】スバルらしい個性派7シーターミニバン/SUV!! エクシーガ&エクシーガ クロスオーバー7をギャラリーでチェック!!!    時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。   しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。   訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はスバル エクシーガおよびエクシーガクロスオーバー7(2008-2018)をご紹介します。

■レガシィのDNAを受け継いだツーリング7シーター

   「7シーター パノラマ ツーリング」というコンセプトで登場した、ステーションワゴン的なフォルムと走りの実力を備えたスバル製ミニバン(のちにSUV)。   スバリストの心はとらえたものの、それ以上の広がりを作り出すことはできず、結果として廃番となった佳作。それが、スバル エクシーガおよびエクシーガ クロスオーバー7です。   2008年6月に登場したスバル エクシーガは、レガシィ アウトバックよりひと回り大きな全長4740mm×全幅1775mm×全高1660mmのボディに「2+3+2」の3列シートを組み込んだ7人乗りのミニバン。   とはいえそのフォルムは前述のとおり、ミニバンというよりはステーションワゴンに近いものでした。   室内寸法は同世代のレガシィツーリングワゴンより65mm幅広く、85mm高いというもの。   その中に置かれた計3列のシートは、後ろに行くほどヒッポポイントが70mmずつ上がっていく「シアターシートレイアウト」を採用していました。   そのため、オプション装備だったパノラミックガラスルーフの開放感と併せ、スバル エクシーガの「乗員にとっての快適性」はなかなかのもの。   3列目も、大柄な人だとさすがにやや窮屈ですが、身長170cm前後の成人であれば、割とゆったり座れるだけのスペースは確保されていました。   初期のパワートレインは、最高出力225psの2L水平対向4気筒ターボ+5速ATと、同148psの2L水平対向4気筒自然吸気+4速AT。   駆動方式はスバル車ですので4WDが基本でしたが、2L自然吸気のほうではFFを選ぶこともできました。   2009年9月には自然吸気モデルのトランスミッションがCVTに変更され、同年12月には2.5L自然吸気+CVTとなるグレードを追加。   2012年7月には2.5Lエンジンを新世代のボクサーエンジンに置き換えるとともに、「アイサイト」のver.2搭載グレードを設定しました。   その後もさまざまが改良が加えられたスバル エクシーガでしたが、販売は振るわず。   そのためスバルは2015年4月、ミニバン扱いであったエクシーガをSUV風に仕立て直し、エクシーガに代わる新たな7人乗りSUVとして「エクシーガ クロスオーバー7」をデビューさせました。   クロスオーバー7のパワートレインは2.5L水平対向4気筒自然吸気+CVT(リニアトロニック)で、駆動方式は4WDのみ。   足回りはエクシーガと同じくフロントがマクファーソンストラットでリアがダブルウィッシュボーン式ですが、SUV化にあたってダンパーとステアリングのチューニングが変わっています。   こちらのエクシーガ クロスオーバー7も一部のコアなスバルファンには響いたのですが、世の中の多くに訴求するまでには至らず、販売成績は低空飛行が続きました。   そのためスバルは2018年3月にエクシーガ クロスオーバー7の生産を終了。そのまま販売のほうも終了と相成りました。

【関連記事】