Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京五輪の聖火はどこへ消えた? リレー延期、来年夏までともり続ける

配信

47NEWS

 全国47都道府県、859市区町村を121日間かけて回る東京五輪の聖火リレーが福島県からスタートするわずか2日前の3月24日、五輪の延期が決まった。世界的にまん延する新型コロナウイルスの影響だ。はるばるギリシャから到着した聖火は、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城、岩手、福島3県での巡回展示を経て、いよいよ全国に向け出発しようとする矢先だった。リレーは取りやめになり、そしてその火はわれわれの前からひっそりと姿を消した。来年夏の五輪まで、この国のどこかでともり続けているはずだが、一体どこへ消えたのか。この間の顚末(てんまつ)を追った。(共同通信=渡辺学)  ▽回れ右  古代五輪の舞台となったギリシャ・オリンピア遺跡で太陽光から採火され、ランタンに収められた東京五輪の聖火は3月20日、特別輸送機「TOKYO2020号」で宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地に到着した。  「復興の火」として宮城、岩手、福島各県を6日間かけて巡回展示された後、福島県楢葉町と広野町にまたがるサッカー施設「Jヴィレッジ」からリレーが同26日にスタートする予定だった。

 ただ、事態は急転する。安倍晋三首相が24日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話で会談し、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を踏まえ、史上初の五輪延期を表明した。これに伴い国内聖火リレーも延期に。だが、IOCは聖火が日本にとどまるとの声明を出した。  福島県警のある幹部は頭を抱えた。この日、被災地を巡回してきた「復興の火」は福島市で展示され、既に聖火は県内に入っていたからだ。聖火は厳重な管理が求められ「海外の要人を警護するのと同じくらいの労力が必要」なほど神経を使うという。その火をどうするのか。別の県警幹部はこうぼやいた。「せめて聖火だけでも回れ右してギリシャに戻ってもらえないだろうか」  ▽福島で預かる  大会組織委員会の森喜朗(もり・よしろう)会長は五輪延期が決まった24日夜、福島県の内堀雅雄(うちぼり・まさお)知事に「聖火を一定期間、福島県で預かってくれないか。これは安倍首相の発案だ」と電話で打診した。内堀氏は「喜んで引き受けたい」と応えたという。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS