Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イタルジェット「ドラッグスター125/200」限定色ほか最終版の車体カラーが公開!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

限定ブラック×マグ、トリコローレ、灰×黄、黒×灰

独自のステアリングシステムを持つ「Newアーバン スーパーバイク」ことイタルジェット ドラッグスター(DRAGSTER)が2020年末頃に発売される! 今回は初回生産バージョンと通常生産車のカラーバリエーション決定稿が明らかになったのでお伝えしたい。限定ブラック×マグネシウムも小変更が加えられ、すべてが初公開となる。 【写真×16枚】イタルジェット・ドラッグスターのスタイリングと全色バリエーション

初回ロット499台にはシリアルナンバー入り!/通常版は共通2色と独自のブラックをラインナップ

イタルジェット「ドラッグスター(DRAGSTER)」が初めてその姿を見せたのはEICMA 2018だった。その際にはコンセプトモデルとして紹介されたが、大きな反響とともに翌年のEICMA 2019で量産に近い形のモデルを展示。そして2020年、ブランニューモデルのドラッグスター125/200は、なんとMV AGUSTAジャパンが日本における輸入・販売を行うと発表され、我々に衝撃をもたらした。 ドラッグスターは最新モデルだが、その先祖に当たる初代は1995年に発売され、最新型の原型ともいえる独自のメカニズムを満載してファンを獲得していた。最新のドラッグスターは、革新の「インディペンデント・ステアリング・システム(I.S.S.)」をスチール製トレリスフレームに組み合わせ、ユーロ4対応の4ストローク単気筒エンジンを搭載。125ccと200ccの2種類の排気量をラインナップする。コンセプトは「New Urban SuperBike」だ。 初回ロットは世界限定499台のシリアルナンバーが入ったファーストエディションとして生産され、初回のみとなる限定カラーのブラック×マグネシウムに加えて、今回発表されたアンスラサイト×ホワイト×レッドのイタリアントリコローレ、そしてアンスラサイト×イエローを用意する。 さらに、通常版には上記の灰×白×赤、灰×黄に加えて、ブラック×グレー(フレームは赤)の新色を揃える。以前に発表されたカラーリングからは変更が加わり、今回の発表によるカラーリングが最終仕様となる。 なお、新型コロナウイルスの影響で初回ロットの生産は2020年9月にずれ込み、日本上陸は2020年末頃となる予定。価格はドラッグスター125が63万8000円、ドラッグスター200は69万8500円だ。

【関連記事】