Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【シューズレポ】ニューバランスのカーボンプレート搭載シューズ「FuelCell TC」で走ってみた!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
月刊陸上競技

 このところニューバランスが急速に存在感を増してきている。2019年に登場したミッドソールプラットフォーム「FuelCell(フューエルセル)」が好評で、今年7月にはそのテクノロジーを搭載したシューズ「FuelCell 5280」を履いた田中希実選手(豊田自動織機)が女子3000mで日本新記録を樹立した。今回は同じFuelCellシリーズで、レース&トレーニング兼用モデルである「FuelCell TC」(税込24,200円)を、今も市民ランナーとして走り続けている月陸編集者(マラソンの自己ベストは2時間43分)が紹介する。

長い距離を楽に走れるレース&トレーニング兼用モデル

 柔らかくて反発のあるミッドソールに湾曲したカーボンファイバープレートを内蔵。近年のランニングシューズではすっかり定番化した組み合わせかもしれない。しかし、ニューバランスの「FuelCell(フューエルセル)TC」は一味違う。それは、クッション性と反発性がケタ違いなのだ。 「FuelCell」とはミッドソール素材の名称で、ニューバランスによれば「スピード」をテーマに開発され、「驚異的な反発弾性と軽量性を両立した」という。そこにカーボンファイバープレートを加えたのが今回紹介する「FuelCell TC」。同じシリーズの「FuelCell 5280」は『ロードのスパイク』と呼ばれるほどのスピード特化モデルだが、FuelCell TCはマラソンなどのロードレースのほか、普段のトレーニングでの使用も想定されたシューズだ。  FuelCell TCは「ランニングエコノミーを高める」ことをコンセプトに開発されており、ソールが分厚い分、クッション性が高く、反発も強い。クッション性とカーボンファイバープレートの相乗効果で、脚へのダメージを和らげながら楽に長い距離が走れる設計となっている。

驚くべき高反発&高クッション

 では、実際の履き心地はどうか。サイズ感は標準的か若干大きめで、普段25.0~25.5cmの靴を履いている筆者は25.0cmでちょうどだった。エンジニアードメッシュ構造ながらアッパーの足当たりは柔らかく、シューレース(靴紐)も伸び縮みするので、かなりタイトに締め上げても走行時は窮屈に感じにくいだろう。  足を入れて最初に感じるのは驚くほどのソールの柔らかさだ。柔らかすぎて歩きにくいと感じてしまうほどで、走ってみると1歩ごとに足が沈み込み、そこから「ギュン!」という反発が戻ってくる。筆者がこれまで履いた靴の中でもクッション性と反発性はトップクラスだと感じた。  スピードへの対応も申し分なく、トラックで1000mなどを走っても高反発のソールがしっかり推進力を生み出してくれる。しかも、短い距離をダッシュしても反発のタイムラグがほとんどなく、厚底シューズにありがちな「空回り感」は生まれない。クッション性があるのにレスポンスが速く、スピード系メニューでの使い勝手は良いだろう。  そして、走っていて気づくのは、この靴を履いていると「ゆっくり走れない」こと。踵や足裏全体で地面にベッタリ着地すると反発が逃げてしまうらしく、接地は前足部(フォアフット)に重心を乗せて、その状態のまま脚を回す意識のほうがスムーズに走れるようだ。  ただ、そうするとペースが自然に上がってしまう。クッション性が高いとはいえ、練習でゆっくり走りたい時は別のシューズを履いたほうがしっくりくるかもしれない。FuelCell TCはあくまでもスピードを上げてテンポよく走るための靴であって、ジョギングで使うにはオーバースペック(過剰性能)なのだろう。

【関連記事】