Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

千葉雄大が“作画崩壊”で花輪クンに? ヒャダインのYouTube番組でまったりトーク

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 音楽プロデューサーのヒャダインが5月5日、自身のYouTubeチャンネルに「HYADA in my room」と題した俳優・千葉雄大とのリモート対談動画を投稿した。 【写真】人前に出なくなり、ルックスが“花輪クン”化してきたという千葉雄大  動画冒頭、ヒャダインは「『HYADA in my room』へようこそ」と挨拶し、「この番組は、わたくしがゲストをお迎えいたしまして、ダラダラと雑談をする、ただそれだけの番組でございます。正直、撮れ高とか、誰が見てくれるとか、そういうことはあんまり気にしない。我々の雑談をみんなでちょっと覗き見るスタンスで楽しく観ていただければと思っております」と、楽しみ方を説明した。  そんな「HYADA in my room」第1回目のゲストとして招かれたのは、ヒャダインとプライベートでも親交の深い千葉。ヒャダインが「人前に出なくなったら、マジで作画がヤバくない?」と互いの身なりについて指摘すると、千葉は「ヤバい。花輪クンみたいになっちゃってる(笑)。年を重ねていったら毛先にクセがついてきたんですよ」と、外にはねている髪の毛を気にした。  一方、短髪のイメージが強いヒャダインだが、この日はパーマをかけたような長髪スタイルで登場。千葉が「もともとどんな感じでしたっけ。直毛ではないよね?」と聞くと、ヒャダインは「直毛ではない。くせ毛ではある。けど、こんなにくるくるになる予定ではなかったよ」と答え、現在髪の毛を伸ばしていることを明かした。続けて「なんで(髪を)伸ばそうと思ったの?」と千葉が尋ねると、ヒャダインは「2020年じゃん。40(歳)じゃん。なんか、変わりたかったの、俺(笑)」と本音を吐露。その答えを聞いた千葉は、ヒャダインと共に腹を抱えて笑い合った。  ちなみに、千葉がヒャダインとリモートで顔を突き合わせながらコミュニケーションをとるのは、これで2回目とのこと。1回目の時には、漫画家の久保ミツロウ、エッセイストの能町みね子を交え、かつてフジテレビの深夜に放送されていたバラエティ番組『久保みねヒャダこじらせナイト』のメンバー+千葉という異色の組み合わせでオンライン飲み会を催したのだとか。ヒャダインが「あれ楽しかったね」と飲み会を振り返ると、千葉は「すごい楽しかったよね。久保さん最高でしたね」と笑顔になった。  このように終始和やかに進む2人のトーク。YouTubeのコメント欄には「ヒャダさんと千葉くんの組み合わせ本当に大好きすぎる...」「二人のほのぼのしたトーク、すごく癒やされました」「もうこれがとても心地いい…… 特に何にもなく、何にも起こらず、お二人が話しているだけで最高に癒されます………」と癒しや心地よさを感じたというコメントが相次いでいた。

こじへい

【関連記事】