Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ついには自ら爆弾に WW2期ドイツの多様な要望に応えまくった注文の多い爆撃機「Ju88」

配信

乗りものニュース

高速爆撃機として誕生し様々な要望に応えた爆撃機 Ju88

 ビジネスにおいて、顧客ニーズの多様性に対応するため多角化戦略を進めることがありますが、過去には、現場の要請や戦略変化などで、後からどんどんと、機能が多角化してしまった爆撃機があります。それが第2次世界大戦を通して、ドイツ空軍が使い続けたJu88という爆撃機です。 【写真】ついには爆弾に…Ju88を改造し戦闘機と合体した「ミステル」  同機は、第1次世界大戦の講和条約として締結されたヴェルサイユ条約におけるドイツの軍備制限が破棄され、同国が再軍備宣言をした1935(昭和10)年に計画されました。「800kg以上の爆弾を搭載でき、戦闘機より速い爆撃機」という要求仕様に応える形で、航空機やエンジンのメーカーであるユンカースが開発を手掛けた双発爆撃機です。  この「戦闘機より速い爆撃機」というコンセプトは、民間機という名目でハインケルが開発し、先に量産化していた双発爆撃機He111にも共通しており、ドイツ以外にイギリスやソビエト連邦などでも同様の爆撃機運用法が考えられていました。そして1936(昭和11)年から開発を始められたJu88は、1937(昭和12)年9月に試作3号機で最大速度523km/hを記録し、要求どおり当時の主力戦闘機だった初期型のBf109を50km/hも上回る記録を出しました。

急降下爆撃の有効性が注目されJu88にも要求される

 しかし、開発中に発生した「スペイン内戦」で実戦投入されたHe111の戦訓などにより、早くもこの「戦闘機より速い爆撃機」という考えは疑問が持たれるようになりました。その一方で同機には、別の機能要求がされます。それは「急降下爆撃能力」です。  ちょうどスペイン内戦で威力を発揮したのが、同じユンカース製の単発急降下爆撃機Ju87で、以降、ドイツ空軍は何かと急降下爆撃に対するこだわりが強くなり、Ju88もその機能を付けるように仕様変更がされます。  この変更は単に、ダイブブレーキ(急降下減速用エアブレーキ)を搭載するだけでは不可能で、主翼や胴体、燃料タンクなど多くの部分が再設計になりました。この際、多用途化を想定して航空魚雷搭載能力も付与されることとなります。  さらに、1939(昭和14)年にJu88の配備が開始されてまもなく第2次世界大戦が始まると、爆弾倉の中だけでは搭載量が足りないとエンジン内側の主翼下にも爆弾架が設けられます。これは空気抵抗が大きく速度低下の要因にもなりますが、当時の戦闘機は高速化が急速に進んでおり、もはや戦闘機を振り切れないという前提で搭載量を取ったようです。

【関連記事】