Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元ダイエー・大越監督の指導で成長。 山口県屈指の右腕がサイズアップ!

配信

webスポルティーバ

スポルティーバ厳選!高校野球 47都道府県の注目選手山口編  新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を開催する。山口は7月11日に「やまぐち高校生2020メモリアルカップ」として開幕を迎える。全国高等学校野球選手権大会が中止となるなか、山口県の高校球児の集大成の場として開催される同大会の注目選手を紹介する。 ほろ苦い大谷翔平の甲子園デビュー  注目投手の筆頭候補が、県内屈指の本格派右腕である早鞆(はやとも)の渕上竜椰(ふちがみ・りゅうや)だ。180センチ台の長身を持て余すことなく連動させた投球フォームには、見入ってしまうほどの美しさがある。  昨秋は準々決勝で敗れたが、スライダーが手元で小さく、鋭く曲がるように改良されるなど、成長した姿を随所で見せた。オフはトレーニングと食事も見直し、体重85キロまでサイズアップ。ストレートの大幅な増速にも期待が膨らむ。  下級生時代からマウンドを任されてきたが、甲子園準優勝投手の大越基監督(元ダイエー)は、渕上の潜在能力を評価しているからこそ、手放しで褒めることは少なかった。この夏、聖地を知る元プロ指揮官を唸らせる快投に期待したい。  ボールの威力では、宇部商の松本歩、高川学園の田尻峻祐(しゅんすけ)、宇部鴻城の藤井海成(みなり)の3人も負けていない。  松本は中学時代、「ミラクル宇部商」で甲子園を席捲した玉国光男監督が率いる宇部ボーイズでプレー。名将の下で培った勝負勘も見逃せない。現在宇部商を率いるのは、玉国監督の宇部商時代の教え子にあたる松尾貢史監督。松尾監督の下、2005年以来となる夏制覇を果たし、名門復活の狼煙を上げる夏にしたいところ。

田尻と藤井は右打者としても注目の存在だ。田尻は昨秋、主に一塁手や外野手で公式戦に出場。オフを経て打力向上が目覚ましく、今夏も野手メインでの起用が濃厚だが、マウンドに上がった際には威力あるストレートを見せてほしい。藤井はエースナンバーを背負った昨秋は1番打者を任された。クセのない鋭いスイングとパンチ力は、いい意味で投手らしくない迫力がある。  能力あるチームメートと切磋琢磨を続けてきた高川学園の石川巧と宇部鴻城の旗生利玄(はたぶ・りげん)も負けず劣らずの好右腕。石川はお手本のように整ったフォームから、バランスよくストレートと変化球を投げ込む完成度が持ち味。旗生は、高回転のストレートで内角も厳しく攻め切れるリリース感覚が頼もしい。  右腕では恵まれた体格で投げ下ろす徳山商工の磯崎陸人、開きを我慢できるステップでノビのあるボールを投じる西京の久野光汰にも要注目。また、ここに来て県内で注目度急上昇中の柳井商工の阿部克哉は、今夏大ブレイクの可能性を秘めた大型右腕だ。  左投手の筆頭格として名前を挙げたいのが、昨秋の中国大会に出場した南陽工の上中正琉(かみなか・せいりゅう)。安定飛行に入るまでの不安定さはあるものの、角度と馬力を感じさせるクロスファイアーは絶品。右の強打者たちをものけぞらせる圧力を感じさせる。  左の技巧派では、1年秋に宇部鴻城を抑え込んだ萩商工の中村新之介に期待がかかる。球速以上に手元で伸びるギャップと緩急のコンビネーションが心憎い。左腕を複数枚揃える岩国商の主戦格・坂井大空(そら)の天性のしなりも面白い。  2年生世代の主役候補のひとりである高川学園の河野颯(かわの・はやて)は、同校の好左腕の系譜を引き継ぐ有望株。

【関連記事】