Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日光を90%以上ブロック!日中でも涼しく快適に過ごせるコールマンのツールームテント

配信

@DIME

コールマン ジャパンは、日光を90%以上ブロックするダークルームテクノロジーを搭載したシリーズを拡張し、4~5名向きのツールームテントは「タフスクリーン2ルームハウス/LDX+」、「タフスクリーン2ルームハウス/MDX+」の2サイズ、クロスポールを採用したタープでは「XPヘキサタープ/MDX+」、手早く設営・撤収ができるシェードでは「インスタントバイザーシェード/L+」「フルフラップフォーインスタントバイザーシェード/L+」を追加した。 遮光性に優れた素材ダークルームテクノロジーは日光を90%以上ブロックし、テント内の温度上昇を軽減できるのが特徴。通常のテントと比較すると、最大温度差は約13.5度。真夏の朝、まぶしさと暑さによって起こされることがないので、快適な睡眠を得ることができるのだ。 今回、そんなダークルームテクノロジーを採用したシリーズに、ファミリー向きの2ルームテント「タフスクリーン2ルームハウス/LDX+」「タフスクリーン2ルームハウス/MDX+」を追加。 ダークルームテクノロジーを採用したルーフフライは、天井部分が二重になっているので、雨風への耐久性と涼しさが格段に向上。さらにリビングスペースにもダークルームテクノロジーが追加され、日中も涼しく快適に過ごすことができる。どちらも4~5名のファミリー向きで、「LDX+」の方が、よりゆったり過ごせるワイドサイズとなっている。 「タフスクリーン2ルームハウス/LDX+」(税別83,455円) 「タフスクリーン2ルームハウス/MDX+」(税別74,364円) また、設営を楽に行なえる、画期的なクロスポールを採用した「XPヘキサタープ/MDX+」も登場。サイドポールを2本付属し、シチュエーションに応じて多彩な展開バリエーションを楽しむことができる。 「XPヘキサタープ/MDX+」(税別19,819円) さらに、デイキャンプシーンで活躍する「インスタントバイザーシェード/L+」も発売。雨や日差しが内側に入りにくいため、屋外レジャーはもちろん、タウンでのイベントでも大活躍。 一般的なモデルと比較してサイドトップのウォールがないため風に強く、突然の強風にも安心の構造となっている。高さは2段階に切り替え可能だ。 横からの日差しや照り返しを防げる専用のサイドウォール「フルフラップフォーインスタントバイザーシェード/L+」があれば、さらに快適に過ごすことができる。 「インスタントバイザーシェード/L+」(税別15,273円) 「フルフラップフォーインスタントバイザーシェード/L+」(税別3,164円) 暖かくなってきて、本格的なキャンプシーズンが到来。日光90%ブロックしてくれるダークルームテクノロジーを搭載したテントがあれば、より快適にキャンプを楽しむことができそうだ。 関連情報 https://www.coleman.co.jp/ 構成/立原尚子

@DIME

【関連記事】