Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【該当者多数】上限を超えた費用が還付される「高額介護サービス費支給制度」を解説

配信

マネーの達人

現代日本では高齢化が進行しており、それに伴い介護が必要な方も増加しています。 家族などの介護が必要となった際に専門職に介護をお願いする介護保険サービスを利用するという方も、介護保険制度が開始した当初に比べると大きく増加しました。 しかし、介護保険サービスは有料であり、その費用が生活の負担となっている人も少なくありません。 今回は、介護サービスをたくさん利用している方必見の「高額介護サービス費支給制度」を紹介していきます。

「高額介護サービス費支給制度」の対象者は多い

「高額介護サービス費支給制度」は、上限額を超えて介護サービスの利用料を支払った場合に、上限を超えた費用が還付される制度です。 世帯員の収入状況や世帯の構成人数などによって、介護費用を負担する上限額は人それぞれ異なります。 負担上限額は1か月単位で定められており、月額1万5000円~4万4400円の間 です。 収入によって上限額に規定はありますが、 ・ 市県民税が課税されている人 ・ 一般の所得よりも多い収入があるとみなされている人 であっても、上限額を超えて支払いをした場合には利用可能であるため、対象者が非常に多い制度と言えます。 また、「高額介護サービス費支給制度」は、介護保険料の滞納がある場合には利用できないため注意しましょう。

「高額介護サービス費支給制度」の適用対象

高額介護サービス費の適用対象になるお金について見ていきましょう。 介護サービスの支払いは、介護保険適用部分と適用外(実費)部分に分かれます。 高額介護サービス費の対象となる支払いは、このうちの介護保険適用部分のみです。 介護保険の適用外部分の例としては、 ・ 通所介護や短期入所介護を利用した時の食事代や居室料 ・ 散髪代 ・ 日用生活品費 などが挙げられます。 ■対象料金の確認方法は領収書 介護保険の適用外部分は高額介護サービス費の支給対象として含まれないため、注意してください。 介護サービスを利用して料金を支払うと事業所から領収書が発行されます。 そこには、介護保険適用部分と適用外部分の料金が分かるように記載されているため、確認してみるとよいことでしょう。 ■介護保険サービスの中にも対象外アリ また、介護保険が適用されるサービスの中でも、「住宅改修費支給」と「福祉用具購入費用」は高額介護サービス費の支給対象とはなりませんので注意が必要です。

【関連記事】