Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

映画『mid90s ミッドナインティーズ』は、甘酸っぱく少し物悲しい後味まで味わってほしい青春映画

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

『mid90s ミッドナインティーズ』 ノスタルジックに胸を締めつける少年時代の煌めきと切なさ

’90年代半ばのロサンゼルス。母と兄と暮らす13歳のスティーヴィーは、何かとイラついて暴力を振るう兄にうんざりし、早く強く大きくなりたいと願っている。そんな彼が気になるのは、街で楽しそうにスケートボードに興じる少年たち。 ある日、彼らがたむろするスケボーショップに意を決して入ったスティーヴィーは、案外気軽に話しかけられる。仲間になりたい一心でスケボーを練習、ちょくちょく顔を出すように。だがそれを母親に知られ、付き合うことを反対されてしまう。 プロ級の腕前のレイをはじめ兄と同世代の3人、同じローティーンのルーベンら。互いの家族や境遇を知り尽くした仲間の関係性、乱暴な言葉遣いで笑い合う背伸びした会話、初めての喫煙……。そのすべてがスティーヴィーにとって、少し大人になれたようなワクワクすることばかり。 彼の生活はにわかに輝き始めるが、大人なら誰もが知るように、楽しいことばかりは続かない。レイに気に入られたことでルーベンの嫉妬を買い、本気でプロを目指したいレイとお気楽にツルんでいたい仲間との確執も表面化していく。それが息苦しくもリアルに胸に迫る。なぜなら私たち大人は、若者の“どうにかなる”という思い込みが、間違いだと知る苦みを体験してきたから。無条件に拒絶してきた大人の言い分や事情の妥当性、今より力を持てると信じてきた未来に入り込む現実の影、それに薄々気づくスティーヴィーの揺らぎにハラハラ。だからこそ彼らの煌きらめく時間が永遠に続けばいいのにと切なくなるし、なんでも笑い合えた仲間の絆がまぶしくて愛しくなる。 なんと俳優ジョナ・ヒルの初監督作、かつ半自伝的な物語というから驚く。ちょっと懐かしい’90年代半ばを再現するため16mmフィルムで撮った映像や、ニルヴァーナ、ピクシーズ、モリッシー、シールなど聴き覚えのある音楽が、“あの頃”の懐かしさを盛り上げる。胸にフッと残される、甘酸っぱく少し物悲しいような切ない後味まで、とくと味わってほしい青春映画だ。(新宿ピカデリーほかにて公開中) 『mid90s ミッドナインティーズ』公式サイト http://www.transformer.co.jp/m/mid90s/

【関連記事】