Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

10周年BABYMETAL、聖地・鹿鳴館で“10days”開催へ コロナ禍に恩返しの「STAY METAL」

配信

オリコン

 新型コロナウイルスの影響により、甚大な被害を受けているライブエンターテインメント。特にライブハウスは存続が危ぶまれ、既に経営を諦める事例も数多く報告されている。今年40周年を迎えた目黒鹿鳴館も例外ではなく、4月以降のライブは皆無。売上の見通しが立たないまま、家賃、人件費など月々の固定費約350万円を払い続ける状況となっている。 【動画】KOBAMETAL氏×鹿鳴館・山口氏の対談  目黒鹿鳴館は、80年代のジャパメタ・ブームをけん引し、X JAPANがインディーズ時代の活動拠点にしたことでも有名。今回の窮状に対し、このライブハウスを拠点にしてきたバンドがオリジナルグッズの売り上げを寄付するなど、支援が広がっている。  いまや世界的な人気を得ているBABYMETALも鹿鳴館と縁の深いアーティスト。2012年に初の単独公演を“メタルの聖地”である鹿鳴館で行ったBABYMETALは、“STAY METAL”をテーマにした支援を計画しているという。今回、鹿鳴館のオーナー・山口高明氏とBABYMETALのプロデューサー・KOBAMETAL氏の対談を企画。コロナ禍以降のライブハウスの現状を踏まえ、この先、活動を継続していくための施策について語ってもらった。 ■「ベスト3に入る過酷なライブ」BABYMETALにとっての“鹿鳴館” ――BABYMETALは初めての単独公演を目黒鹿鳴館で開催しています。彼女たちにとっても大切なライブハウスですよね。 【KOBAMETAL】ひと言でいうと聖地ですね。メンバーも、今でもそのときの記憶が強烈に残っていると言ってますし、ベスト3に入るくらいの過酷なライブだったんです。ライブハウス特有の熱気、初めてのワンマンライブの緊張で慣れない部分もありましたが、エネルギッシュにやり切って。その話は今でもよく出ますね。 【山口】僕は当時、アイドルに偏見があったと言いますか(笑)。一貫してヘヴィメタル、ビジュアル系のバンドを中心にブッキングしてきたので、BABYMETALさんからお話をいただいたときには正直、「なんで鹿鳴館なんだろう?」と。ライブ当日を迎えたら、まったく印象は変わりましたけどね。「メタルじゃん!」と思いましたし、衝撃でしたね。 【KOBAMETAL】BABYMETALを始めたときから「ガチ(のヘヴィメタル)でいきたい」と思っていて。僕自身も鹿鳴館でいろいろなバンドのライブを観ていましたし、「スタートは鹿鳴館しかない!」という気持ちが強かったんです。X JAPANをはじめ、レジェンドと呼ばれるバンドがこのステージから日本、世界に広がっていった。そんな素晴らしい場所でスタートが切れたことは本当にうれしかったです。 ――BABYMETALは今や世界的なアーティストに成長しました。 【KOBAMETAL】まさかこんなことになるとは、という感じです(笑)。ヘヴィメタルというジャンルは、時代によって新しい形が生まれているんですよね。70年代のブラックサバスなどから始まり、アイアンメイデン、メタリカ、スリップノット、コーン、リンプ・ビズキットなど、違うタイプのバンドが次々と出てきて。新しいスタイルが出てくるたびに、叩かれ、それがメインストリームになり、また新しいバンド出てくるという繰り返しといいますか。BABYMETALも直球ど真ん中のメタルではないですが、メタルの新しいカルチャーを提示したいという目標がありました。

【関連記事】