Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

輝きは今も色褪せないポルシェ初のグランツーリスモの革新

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
octane.jp

1970年代、ポルシェにとってアメリカは最大の市場であったため、新しい安全基準と環境性能について激しい議論が交わされていた。厳しい安全・排ガス規制の導入を目前にして、ポルシェは911シリーズの世代交代を急いでいたのである。変化の兆しを敏感に感じ取ったポルシェは1972年2月、新たな主力モデルとして928の開発に取りかかった。 ポルシェの革新的な928(写真7点) 当時、CEOに就任したばかりだったエルンスト・フールマンは、従来のRRとは異なるFRの採用にゴーサインを出した。それは、ポルシェがこだわり続けてきた駆動レイアウトの伝統を覆す決断だった。「FR方式の採用が決まった時から、ヴァイザッハの研究開発スタッフは皆、一致団結してプロジェクトに取り組みました」と、当時を振り返るのは、ポルシェ 928のプロジェクト・マネージャーを務めたフォルフヘルム・ゴリッセンだ。 フロントに搭載するエンジンはモータースポーツから転用した水冷アルミニウムブロックの4.5リッター V8ユニット(当時としてはヨーロッパの市販モデル初)で、これを “ヴァイザッハ・アクスル” と呼ばれる後輪独立懸架ライブアクスルと組み合わせて採用した。車体を構成するパーツにはスチールだけでなくアルミニウムやプラスティックを多用し、ボディ一体型のポリウレタン製バンパーは新たに導入された振子式衝撃試験を見事にクリアしたのであった。 今でこそ当たり前の技術だが、当時、この衝撃吸収バンパーは、エンジニアやデザイナーをはじめとして、プロジェクト・マネージャーのゴリッセンを大いに悩ませた。「装着するのも大変でしたが、特に塗装はさらに困難を極めました。スチールとアルミニウム、ポリウレタンのどの素材にも対応する塗料を見つけるのは容易ではありませんでした。実際、色ムラがありましたしね」と、ゴリッセンは当時の苦労を語る。

フラットでエレガントな V8スポーツカー

ポルシェ初のグランツーリスモとしての開発された928は、後部座席と十分な広さのラゲッジスペースを備え、長距離を快適に移動できるパッケージだった。「当時は大型クラスにカテゴライズされましたが、今見ると非常にコンパクトなサイズです。これほどフラットでエレガントな V8スポーツカーは他にないでしょう」というのは、1989年から2004年までポルシェのチーフデザイナーを務め、プライベートでも3台以上の928を所有しているハーム・ラガーイだ。 911の遺伝子を受け継ぎつつ、全く新しいモデルとして当時の最先端技術の粋を集めて1977年3月のジュネーヴ・ショーでワールドプレミアを飾った928は、世間に大きな反響を巻き起こした。ドイツを代表する経済紙シュピーゲルは『フォルクスワーゲンの元 CEO のルドルフ・ライディング、発売と同時に妻へのプレゼント用にポルシェ 928を購入』、『これほどまでにポルシェの強運を見せつけたスポーツカーは928の他に存在しないだろう』と書き綴られていた。 928は1978年に欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した後も改良が続けられ、最高出力は240psから最終的に350psまで向上した。1991年にはモデルレンジにおける最後の進化形とも言うべき928GTSが発表され、1995年に生産が終了されている。その間の生産台数は6万1056台に達している。 928のデザインを手がけたラガーイは今でもポルシェ928 を見るたびに感動し、当時の興奮を思い出すという。「928とは、ポルシェという世界における新大陸のような存在でした」。その輝きは今も色褪せない。

Octane Japan 編集部

【関連記事】