Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナでESG投資と企業の持続可能性が加速? パンデミックのポジティブな側面

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

パンデミックが世界市場を揺さぶる中、サステナビリティに焦点を当てたファンドは今年の第1四半期に記録的な資本を集める結果となっている。アメリカの投資信託格付け評価企業モーニングスターによると、持続可能なファンドは世界で今年第1四半期で457億ドルの流入額をみた。 「多くの投資家や企業が戦略的な項目としてESGパフォーマンスを採用し、コロナからのより良い回復の機会を開いている」と報告するレポートが、アメリカの投資銀行J.P.モルガンや、ドイツのアセットマネジメント企業DWSなどから出ている。 今回はこれらのレポートを元に、徐々に注目が高まるESG投資の先行きを考察する。

ESG投資に対する海外メディアや組織の反応

ESG投資とは、従来の財務情報だけでなく、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)要素も考慮した投資のことだ。2015年、日本においても年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国連責任投資原則(PRI)に署名したことを受け、投資にESGの視点を組み入れることを原則としたESG投資が広がっている。 昨今、ForbesやCNBCなどの海外メディアでも、「長期的な成功を目指す企業や投資家は、持続可能性への取り組みを、パンデミックによって減速させるのではなく逆に増強させる可能性がある」と考察されている。 背景には、2008~2009年の金融危機発生時の裏付けもある。前回の危機発生時、企業の持続可能性への国際的な取り組みである国連グローバル・コンパクトと、責任ある投資の取り組みを提唱する国連責任投資原則(前述のPRI)は、新会員数がそれまでの平均的な値を超え、さらに人々のESG投資に対するエンゲージメントの急増をみた。 現在のコロナ危機にも同様の現象が当てはまっているようだ。2つの組織の会員は、イノベーションや化石燃料依存からの脱却、そしてESG要因をより適切に管理する仕組みの構築を強化している。

【関連記事】