Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NPB歴代の首位打者は? 「打率」は試合数も大きく左右、4割打者の登場なるか<1980年代>

配信

ベースボールチャンネル

 新型コロナウイルス感染症の影響で6月19日に開幕が決定したプロ野球。公式戦は、例年より少ない120試合とされるが、新たな記録が生まれる足掛かりとなるかもしれない。 【図表】歴代首位打者、本塁打王、打点王、最多安打獲得選手一覧  規定打席到達が基準となっている「打率」は、試合数によって大きく左右される記録の一つだ。本数の積み重ねである安打や本塁打とは対照的に、試合数が少なければ、高い率を残す選手が現れる可能性も高い。2017年に近藤健介外野手(北海道日本ハムファイターズ)が57試合の出場で打率.413をマークしたのは記憶に新しい。  ここでは、打率リーグ1位「首位打者」の歴代タイトル獲得選手を年代ごとに振り返り、その変遷をたどっていく。試合数だけでなく、打高時代、打低時代、長打志向のトレンド、使用球の影響など、率の背景が見えてくるかもしれない。

1980

セ 谷沢健一(中日ドラゴンズ) 打率.369(120試合425打数157安打) パ L. リー(ロッテ・オリオンズ) 打率.358(127試合489打数175安打)  セは、中日・谷沢が.369のハイアベレージで2度目の首位打者を獲得。本塁打・打点の二冠で、打率も3位につけていた山本浩二の三冠王を阻止する形となった。なお、チームは投壊状態で最下位に沈んだ。  パは、レロン・リーが来日4年目で初のリーディングヒッターに。チームメイトで弟のレオン・リーも.340で2位につけた。兄レロンが175安打、33本塁打、90打点、弟レオンが165安打、41本塁打、116打点の活躍で、史上最高の兄弟助っ人となった。

1981

セ 藤田平(阪神タイガース) 打率.358(107試合369打数132安打) パ 落合博満(ロッテ・オリオンズ) 打率.326(127試合423打数138安打) セは、藤田平が初のタイトル(タイトル制定以前の最多安打は1度)。タイガースとしては、1958年の田宮謙次郎以来の首位打者が誕生した。また、この年も山本浩二は.330(6位)、44本、103打点(ともに1位)で三冠王を逃している。パは、ここで落合博満が登場する。

【関連記事】