Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

脳科学者・中野信子が語る、“毒親”の捉え方と解決の糸口 「家族の絆には理性を失わせる”魔力”がある」

配信

リアルサウンド

 「うちの母親、毒親なんだよね~」――中学生がそんな言葉をライトに発しているのを耳にして、驚いたことがある。毒親をテーマにしたコミックや映画が話題を呼び、いまや毒親という言葉は市民権を得たと言えるかもしれない。一方で、言葉だけが一人歩きし、正しく理解している人がどれだけいるか疑問でもある。『サイコパス』(文春新書)、『正しい恨みの晴らし方』(ポプラ新書)などベストセラーを連発している脳科学者・中野信子が、そんな現状にメスを入れた。新刊『毒親ー毒親育ちのあなたと毒親になりたくないあなたへー』(ポプラ新書)は、脳科学の観点から毒親の症例を紹介し、正しい理解を促す本である。中野がこの本に込めた思いとはなにか? 本人に聞いてみた。 【写真】中野信子のサイン入りチェキプレゼント ■親を責めてもその状況が変わるわけではない ――個人的な話で恐縮ですが、わたしも「母親と共依存の毒親育ち」と言われることがあります。自分ではただすごく仲が良い親子だと思っているのですが……。毒親かそうでないか、線引きが難しいなと感じています。 中野:難しいですよね。自分では、自分の親を毒親だとは思っていない人でも、第三者から見れば「毒親だ」と見做されるようなケースもあります。逆に、第三者から見て普通であるように見えても、当人にとっては紛れもない毒親、というケースもあります。毒親というのは疾患ではありませんし、あくまでも関係性によって決まってくるものといえます。 ――他人に迷惑をかけなければ、毒親ではない? 中野:自分も周りの人も本当に困っていないという状態なのであれば、わざわざ第三者が口をはさむこと自体が奇妙ではないでしょうか。一方で、自分が気づいていないようであっても、どこか不自然さがあったり、心に軋みを抱えているのにそれをごまかしながら過ごしていたり、というのであれば、気をつけたほうがいいかもしれません。 ――多くの人が、親子関係において軋みを抱えている気がします。 中野:人はなにかを選択するときに、自ら選択しているようで、そうでないことの方が多いんです。消費行動も、あらかじめ計画して買うものは3割程度で、あとの7割はその場の雰囲気などに影響されて買っている、ということがわかっています。 選択の局面では、その場の雰囲気だけでなく、無意識的に親が以前口にした言葉や、禁止した事項などを必ず参照しています。消費行動ばかりでなく、パートナー探しの時などには顕著ではないかと思います。これは、親御さんが亡くなられていたとしても、むしろ亡くなられていたらなおさら、影響されるものかもしれません。自分の中にまだ親の声が聞こえてくる、という人は少なくないのではないでしょうか。 本当は自分は「これがいい」と思っているけれども、実際には選べない。自分の意思や気持ちをそのまま表すことにためらいがある。自分の判断を犠牲にして「親はこうしたほうが喜ぶだろう」といったことを、無意識に選ばされてしまっている場合があります。 問題になるのは「自分が、自分の望んだ判断をできなかったのは、親のせいだ」と、親に対して恨みを持ってしまうような意志決定をした場合です。 本当はAさんのほうが好きだったのに、親の意向を受け入れざるを得ない状況で、Bさんと結婚した。そして、Bさんと結婚したことによって、自分はDVを受け、心身ともにボロボロになっている。親に助けを求めても、Bさんを持ち上げ、実子である自分を助けてくれない。むしろ、Bさんがそんな風になるとしたら、お前の方が悪いんじゃないか、と責められる……。例えばそんな時、「いま私がこんなに辛いのは、わたしの親が毒親だからだ」と思うでしょう。ですが、そもそもAさんを選んでいたら、親のせいにはしなかったかもしれませんよね。まあ、どうしてAさんと結婚するのを止めてくれなかったんだ、と親を責める人もいるかもしれませんが、いずれにしても、親を責めてもすこしもその状況は変わらないわけです。そこで、どう解決の糸口を見つけていきましょうか、というのが本書のテーマのひとつです。 ■家族には「絆の魔力」がある ――「白雪姫コンプレックス」の話に驚きました。自分よりも子どものほうが美しかったり、優秀だったりすると妬んでしまうという。そういった母親は、実際に多いのでしょうか? 中野:程度の差だと思いますが、子に対して、意識的にか無意識的にかはさておき、妬みを感じる母親は少なくないようです。例えば母親が「自分はこういう失敗をしてしまった」と後悔していたとしましょう。その失敗を娘には繰り返させたくない、という気持ちはもちろん自然に出てくるものでしょうが、とはいえ、娘が順調に幸せになっていく姿を見て、完全に手放しで喜べる母親が、どれくらいいるか。これはまともに聞いても答えてもらえる類の感情ではありませんし、調査そのものにも工夫がいりますよね。 「女を大切にしてもらえる、いい時代に生まれたわね」と嫌味を言う母もいることでしょうね。家事、育児にしても、いまは経済的余裕にもよりますがベビーシッターも頼めるし、家電もかつてとは比べ物にならないような高機能のものがお手頃な値段で店頭に置かれており、自分の時代よりとても楽だ、不公平だ……と感じる女性も多いのではないかと思います。自分は女としてもっと苦労してきたのに、と、言いようのない思いに駆られる人もいるでしょう。表には出さなくても、どこか幸せな娘を疎ましく感じたりするという人は少ないとは言えないのでは。場合によっては、感情を抑えずに、非常に攻撃的になる人もいると思います。 ――「殺人事件の半数以上は家族間で起きている」というお話も衝撃的でした。家族だからこそ許せないという感情はだれしも抱いたことがあると思うのですが、それが「殺したい」という感情にまで発展するのはなぜなのでしょう? 中野:つい最近も犯罪心理学者の方が奥様を殺めるというショッキングな事件がありました。外からはなかなか見ることが難しい、感情のもつれがあったのではないでしょうか。もちろん、犯罪心理学者ですから、冷静になる視点がないわけじゃない。むしろ他の人よりもずっと人間の心理には精通していて、感情のもつれなんか科学的視点から解き明かすことには慣れていらしたはずの人でしょう。でも、そんな人が、自分の抱えているものを処理できなかった、というのがショックが大きいところですよね。わかっているはずの人が、どうにもできなかった、そういう魔力が、「家族の絆」にはあるんだと思います。絆の魔力とでもいうか。これが、理性を失わせてしまう。 ――毒親育ちは、大人になってからパートナーに恋愛以上のものを求めてしまうというお話もありました。重い女になったり、束縛する男になったり。 中野:最初、お付き合いするときは、互いに「他人」ですよね。他人であったときにはあれほど尊敬し、尊重し、大切に思っていたのに、距離が近づいていくと両方が相互に甘え、期待しすぎて、その期待にそぐわないと、相手を責め始めてしまう。家族になったなら、なおさらです。「あなたはわたしのためにこうすべきなんじゃないのか」と、相手に過剰に期待するんですよね。相手の基準ではなくて、自分の基準に当てはめようとしてしまう。しかし、相手も自立した大人の個人ですから、相手は相手の世界があるはずなんです。けれども、それを尊重できなくなっていくんですね。 世界では、コロナ離婚、コロナDVが増えていると聞きます。なぜ相手に過剰に期待し、それが叶わないと相手を責め始めてしまうのか。相手が他人でなくなり、家族になったとたんに尊重できなくなっていくのは――ここはやや思考力を必要とするところなんですが――自分自身を本質的には尊重できていないからではないでしょうか。 勝手に犠牲者になって、「自分はこれだけのことをあなたのために犠牲にしているのに、あなたは何なんだ」と理不尽な思いに駆られてしまう。べつにそんな犠牲を相手は望んでいないということも多いのでしょうけど。これが毎日続いたら地獄ですよ。お互いに、期待できないことを期待し合い、できないと責め合って、互いに互いを傷つけ続ける競争のようになり、別れるに至ってしまう夫婦も数十%いるわけですよね。場合によっては、相手の殺害が頭をよぎるまでになったりもするわけです。 ■親対子どもという構図を強調するような本にはしたくなかった ――共依存と毒親はセットで使われることもありますが、本書の中で共依存という言葉を使わなかったのはなぜですか? 中野:概念としては、セットではそもそもないんです。共依存はアルコール依存症の夫とその妻の関係には特徴的な相互依存の要素がみられるとして命名されたものです。親子の問題としてはもともとは捉えられてはいませんでした。しかし、多くの人がこうした相互的な依存関係に思い当たることがあったのか、共感を持ってこの言葉を受け止めた人たちが、これを親子関係にも当てはまるとして適用していったということになるかと思います。 共依存は、しかし、お互いに苦しくなく、また、第三者にも実害を及ぼしているわけでもなければ、他の人がとやかく言うべき問題ではないのではないかと思います。本人たちが心から満足していて、それで成り立っている生活があるのなら、その人たちを、私は特にどうしようとも思わないのです。ですが、苦しんでいる人がいるなら、その人たちにも本書を一度手に取ってみてほしいなという気持ちがあります。 共依存そのものにはあまりフォーカスする必要がないかなと思っていました。日本型の社会の中では、そういう人間関係もそれなりにみられますし、それはとくに病的なものとは捉えられていない場合も多いんですよね。むしろ「仲良いね」「他の人には入り込めない絆があるね」などという捉えられ方をされていますし、本人たちも別に苦しさは感じていない。それを他の人が見て「あの夫婦は共依存だから」と責めてみても、むしろバランスを崩してしまうのではないかと心配になります。私はやや慎重で、そこはあまり切り込まなくてもいいのかなと思っています。お節介なことはあまりしたくない性質なんです。 ――本書を読んで、中野さんの「お節介はしたくない」というスタンスをすごく感じました。毒親を一方的に責めるような文章では決してない。 中野:大きく切り込んでしまって、もしもそのために傷つく人がいたら、悲しいことだ、という気持ちがすごくあったんです。それでパンドラの箱、と書いたという。幸せに過ごしている人は、そのまま寝た子を起こすようなことはせず、そのまま幸せに過ごしてほしいとずっと思っています。また、「親対子ども」という構図を強調するような本にはしたくなかった。親を責めれば解決するよ、とは思ってほしくなかったんです。 ――毒親は日本的だと感じますが、海外だと毒親の捉え方は違いますか? 中野:そもそも、赤ちゃんの扱い方が違うんですよね。欧米の社会だと、子どもはお母さんと別の部屋で寝かせるのが一般的な国が多いはずです。いままた感染症の問題があるので実感として少しは捉えやすくなったと思いますけど、20世紀の初頭はお母さんが子どものことをあんまり触ったり、抱きしめたりするのは、病原体が移る可能性を高めるのでよくない、とされていたんですよ。そういうこともあって、愛着の作り方が日本とは違ったものになっている可能性がありますね。日本は子どもとの距離が近すぎるくらいかもしれません。欧米の考え方が果たしていいのかどうか、これはまた別の問題ですが。産後のお母さんが女に戻るためのプログラムがありますよね。骨盤底筋群を鍛えましょうとか。フランスではああいうのを保険でできるんですよ。ゆるい条件はありますが、不妊治療も無料ですしね。 ――両親が一緒に寝るというのは、少しいやらしく感じてしまいます。 中野:そう感じてしまうのは、日本独特ですね。欧米を持ち上げるのではありませんが、対照的で興味深いので言いますけれど、「お母さんは、お母さんである前に女です」という考え方が根強いようです。寝室は夫と一緒に過ごすものであり、子どもと一緒に過ごすものではない。それは、日本とは全然違いますよね。そして、家庭の外で女になろうとする人もいる。もちろん、男性も、家庭の外で男になろうとしたりするわけです。そういう点では、日本の親たちは、社会通念の犠牲になっているところがあるかもしれないですね。 わたしは母が再婚しているんですけど、べつに離婚したからといってなんとも思わないですよ。むしろ父母の仲が常に悪く、そのいさかいを見せられ続けていた頃のほうが面倒くさかったし、しんどかったですね。両親は高校3年生のときに別れたのですが、「ああ。この人もようやく自立したか」と思いましたよ。でも母は、離婚したことをすごく気に病んでいるようですね。「何十年も気に病むくらいならもっと別の選択肢もあったのでは?」と私は思いますけれど、まあ、彼女の人生ですからね。 ――わたしの両親も離婚しているのですが、子どもの頃から喧嘩ばかりしていたので、離婚したときはスッキリしました。本書に「喧嘩することよりも、仲直りする姿を見せることのほうが大事」という記述がありますが、仲直りするところなんて見たことがないです。 中野:子どもにそういうところを見せるのは恥ずかしい、って思うようなところがあるんでしょうね。母にしても父にしても。謝る姿はあまり人に見せるものでもないと思っていたり。けれど、むしろ教育的配慮としては、仲直りするシーンは自然にみせてほしいところですね。失敗したときにはリカバリーができるということ、ただしそれにはスキルが必要だということ、関係は努力次第で修復できるんだという得難い学びに触れることのできるいい機会なので、ぜひともお願いしたいです。仕事でも、こういうことができるかできないかというのは、とても大事じゃないですか。仕事のうまくいっている人は、謝るのが上手です。むしろ、「謝り上手」で相手との関係を深められる人もいますしね。 人間関係の基盤になるユニットというのが家族です。家族の中でそういうことができているかどうかで、子どものコミュニケーションスキルにも差がついてくるのではないでしょうか。

尾崎ムギ子

【関連記事】