Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

MLB最高の選手は誰だ! 野手総合能力値ランキング。勝負強い長距離砲、足が武器の安打製造機も(16位~20位)【2019シーズン版】

配信

ベースボールチャンネル

マイク・トラウトやジャスティン・バーランダーを筆頭に、MLBには数々のスター選手が存在する。そして、それらの選手をあらゆる視点から分析することも野球観戦の醍醐味だろう。今回ベースボールチャンネル編集部では、メジャー屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(年俸は『BASEBALL REFERENCE』、ゾーン別打率は『MLB.com』を参考)。※成績は2019シーズンのみ、サイン盗み等を考慮しないものとする 【写真】MLB高額年俸ランキング2020のトップ10は…?

総合20位 J.D.マルティネス

 レッドソックス加入1年目の2018年に43本塁打を放ち、130打点で打点王となったマルティネスが、昨季も好調を維持し総合20位につけた。本塁打の数は減ったものの、それでも36本でチームトップ。安打数も175本をかぞえ、長打率.557で「長打力」は堂々の94点だった。  4年連続打率3割を達成したが、2017年途中から在籍したダイヤモンドバックスとともに、レッドソックスでの2年は覚醒の感が強い。得点圏打率.338で「勝負強さ」は90点。最も求められているポイントゲッターとしての役割を果たしたが、四球もキャリアハイの72個(うち敬遠9つ)を選び、出塁の面でも“つなぐ”打線の一端を担った。  メジャー9年の経験があるが、まだ32歳。状態を維持しうる可能性は高く、安心して任せられる“スラッガー”は今季のレッドソックスを大事なキーマンになるだろう。

総合19位 ジョージ・スプリンガー

 2011年ドラフト1位として有望視され、そのチームの期待に応え続けるスプリンガーが総合19位に入った。2014年のメジャーデビューから浮き沈みはあったものの、昨季は打撃のあらゆる部門でキャリアハイの数字をマークし、これまで以上にチームに大きく貢献した。  5月に左ハムストリングの張りで10日間の負傷者リスト入りを経験し、122試合の出場にとどまったものの、その試合数の少なさを感じさせない自己最多の39本塁打。これまで4度の20本塁打以上、2017年の34本塁打が最高だったが、その2017年が140試合に出場してのものだったので、その爆発ぶりが見て取れる。  打席数の少なさと本塁打の多さで自ずと長打率はキャリアハイの.591となり、「長打力」は95点。一発の能力が目立ち、三振率の高さ(20.3%)もうなずけるが、意外にも67四球を選び出塁率が.383と高い。こちらもキャリアハイとなった打率.293も手伝って「出塁能力」は92点と打撃の充実ぶりは文句なしだ。それだけに今季は健康面に気を配り、シーズンを通じて多くの試合に出場したい。

【関連記事】