Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】筋力不足で頻尿や尿もれを起こしやすくなるって本当?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

トイレが近くなる頻尿。筋力とはまったく関係なさそうですが、実は――。その関係性と、頻尿を予防する方法、また、頻尿に隠れている病気の可能性について、泌尿器科の専門医として、患者に寄り添う診断と治療をされている土橋正人先生に詳しくうかがいました。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 土橋 正人(どばし泌尿器科クリニック) 北里大学医学部卒業。国際医療福祉大学熱海病院泌尿器科、国際医療福祉大学病医院講師などを経て、2019年9月に泌尿器科とペインクリニック内科を専門とした「どばし泌尿器科クリニック」を開業。日本泌尿器科学会認定指導医・泌尿器科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医。

筋力不足の頻尿、女性は若いうちから要注意

編集部: 筋力不足だと頻尿になるって聞いたんですが、本当でしょうか? 土橋 先生: 本当です。私たちの体は全身にいろんな筋肉がありますが、骨盤の底には、「骨盤底筋群」と呼ばれる筋肉があって、子宮や膀胱、直腸など骨盤内の臓器を支えています。それが加齢や肥満などにより筋力不足になると、膀胱など骨盤内臓器の位置が下がったり、膀胱自体の筋肉も弱ってきたりします。そうすると、膀胱に尿をためておく、最後まで出し切るといった排尿のコントロールができなくなり、頻尿をはじめ、さまざまな尿のトラブルが起こってくるというわけです。 編集部: 頻尿かどうかの判断基準はありますか? 土橋 先生: 頻尿とは、「尿が近い、尿の回数が多い」ことをいいますが、泌尿器科における頻尿の定義は、「1日の排尿回数が8回以上、夜間が1回以上」となっています。ただ、頻尿や残尿感というのは個人の感覚が関係しているので、実際は回数というより、本人が気になるかどうかが大事ですね。 編集部: 尿の回数は、飲む水の量も関係しますよね? 土橋 先生: はい、実際に「トイレが近い」という患者さんのお話を聞くと、水の飲みすぎが原因のことは多いですね。たとえば、「1日10回ぐらいトイレに行く」という方が、水を3リットルくらい飲んでいるという場合は、頻尿ではなく多尿ということになります。また、「夜何度もトイレに行きたくなります」という方の中に、「脳梗塞が怖いから、寝る前に1リットル近く水を飲んでいます」というケースもありました。ただ、医師の立場からすると、トイレが近い患者さんの中には、糖尿病や隠れ脳梗塞、ホルモンの問題など、ほかの疾患が隠れている可能性があるので、注意しています。例えば、糖尿病の初期症状の一つに多飲多尿があります。糖尿病によりおしっこがいっぱい作られることになり、その結果、のどが渇き、水を飲む量が増える。そのため尿の量がさらに増え、おしっこに何度も行かなくてはならないということがあるからです。頻尿と一言にいっても、他の病気が隠れていることがありますので、注意が必要です。 編集部: 筋力不足による頻尿は、何歳ぐらいから気をつけたほうがいいですか? 土橋 先生: 男性と女性では、骨盤底筋の構造に違いがあり、男性のほうがしっかりしています。女性には子宮がある分、支える臓器が多いですし、女性は出産をすると、骨盤底筋にダメージを受けてしまうため、出産後に尿漏れしやすくなる方もいらっしゃいます。骨盤底筋が弱ると、高齢になってから頻尿になりやすくなるため、女性の場合はできるだけ早いうちから予防するに越したことはありません。男性は、高齢になってから症状を訴える方が増えます。とくに前立腺肥大の影響で膀胱の機能に障害が出て頻尿になる方が増えますから、中年以降から気をつけたほうがよいですね。

【関連記事】