Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“外出制限”の中、大ヒットの『あつまれ どうぶつの森』……あなたは知ってる?

配信

ニッポン放送

「あつまれ どうぶつの森」……ご存じだろうか?

3月20日に発売された、Nintendo Switch向けのゲームで、外出制限による「巣ごもり」需要の高まりから今、世界中で大ヒットしているゲームが、「あつまれ どうぶつの森」。日本でも発売3週間で300万本を売り上げており、子供から大人まで夢中になっている。 第1作が2001年発売の毎回大人気シリーズで、魚釣りや虫取り、あるいはガーデニングなどを楽しみながら、スローライフを送るのが目的のゲーム。今作では、なにもない無人島が舞台となっている。 プレイヤーは、木の枝や鉄鉱石を集めて、DIYで道具や家具を作って、島の発展を目指しつつ日々を過ごしていく。RPGゲームのように大冒険したり、魔物を倒したりなんてことは一切ナシ。 特徴のひとつとして、現実の時間と連動する要素がある。つまり現実で朝を迎えればゲーム内も朝に。 現実で夜になれば、夜に……と、島の中であるお店も閉まってしまうので、プレイヤーからすれば、とても「不便」。だが、この不便さが人気の理由の1つで現実、現実世界とは違う「スローライフ」が楽しめる。 また、プレイヤー同士がオンラインで、コミュニケーションを取ることも出来るので、外出せずとも交流を図ることができる。 外出自粛の今、現実ではあまり外に出られないが、このゲームの世界ならば、好きなだけ自然と戯れることができて、友達とも交流が出来る。そのため、ここまでの大ヒットに繋がったということだろう。

4月16日のニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」では、この「あつまれ どうぶつの森」について、『やっている』『やったことがない』『家族がやっている』『今後、やってみたい』という4択でリスナー向けにアンケートを実施。 結果は…… ●「やったことがない」56% ●「やっている」13% ●「家族がやっている」12%、 ●「今後、やってみたい」19% ……という回答となった。 「やったことがない」が過半数を占めたが、「やっている」「家族がやっている」の回答を合わせると25%となった。

【関連記事】