Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ランボルギーニ製のスーパーボートを見てみよう…そのデザインはどこから見てもランボルギーニ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

ランボルギーニはイタリアン・シー・グループと共同で、「Tecnomar for Lamborghini 63」を製作した。 【全画像をみる】ランボルギーニ製のスーパーボートを見てみよう…そのデザインはどこから見てもランボルギーニ それは2つのV12気筒エンジンを搭載した4000馬力のボートだ。 価格は300万ユーロ(約3億6300万円)で、63隻のみ販売される。 ランボルギーニを見たことがあって、ボートにした方が良いと思ったことがあるなら、あなたはラッキーだ。 ランボルギーニ(Lamborghini)とヨット会社のイタリアン・シー・グループ(Italian Sea Group)の共同プロジェクト「Tecnomar for Lamborghini 63」を紹介しよう。ランボルギーニのプレスリリースによると、ランボルギーニ のスーパーカー、シアン FKP 37にインスパイアされたこの限定モデルのボートは、ランボルギーニの創業1963年にちなんで命名された。 カーボンファイバー製のこのヨットは「超軽量」ボートに分類される。重さは24トンで長さは63フィート。2つのV12気筒エンジンを搭載し、それぞれが2000馬力を発生する。 価格は300万ユーロ(約3億6300万円)。63隻のみが製造され、2021年に出荷される。

「Tecnomar for Lamborghini 63」は…

ランボルギーニとイタリアン・シー・グループのコラボレーションで生まれた。

そのスタイリングは…

ランボルギーニのハイブリッドカー、シアン FKP 37から着想している。

名前の「63」は…

ランボルギーニが設立された1963年に因んでいる。

2基のV12気筒エンジンを搭載したこのボートの出力は…

4000馬力と言われている。

長さは63フィート…

つまり、約19.2メートル。

重量は…

24トン。

エクステリアは…

1960年代から1970年代にかけてのランボルギーニ ・ミウラとカウンタックの美的感覚を取り入れている。

ただし…

それを現代的に解釈している。

ハードトップは…

ランボルギーニのロードスターモデルからヒントを得ている。

船首灯は…

ランボルギーニのコンセプトモデル、テルツォ・ミッレニオに見られるY字型のフロントライトのような形をしている。

ステルスグレーのモデルは…

まるで魚雷のようだ。

【関連記事】