Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

海外で話題の「ドライブインフェス」って儲かるの? 主催者に直撃

配信

Rolling Stone Japan

「現在の目標は娯楽を提供することだ」とトゥペロ・ミュージック・ホールのオーナー、スコット・ヘイワードは語る。「チリも積もれば山となるってやつだね。できるだけ多くのチリを集めようとしているんだ」 【動画】ソーシャル・ディスタンスを保って駐車場でDJイベント 3月のパンデミックによってアメリカのライブ・ミュージック市場が停止して以来、初めてベテランDJのD-Niceが生でパフォーマンスを行なう機会を得た。外出禁止条例発令中は人気のClub Quarantine Instagram Live Sessionsで自宅にいることを啓蒙していたD-Niceが、フロリダ州ハランデール・ビーチに飛んだ。ここで行なわれた第一回ドライブ・イン・フィールドフェストに集まったファースト・レスポンダー(災害などの負傷者に最初に対応する救助隊、救急隊、消防隊、警察などのこと)のために無料のDJセットを行なったのである。 このドライブイン・コンサートはメリーランド州バルチモアのプリークネス・インフィールドフェストの中止が決まったあとで企画された。ただし、押し合いへし合いで大騒ぎするファンの前ではなく、ガルフストリームパーク内のレーストラックの外の駐車場に駐車された200台の車の前でのパフォーマンスだった。 大きな集まりが制限される中、ライブ会場やイベント・プロデューサーたちがスタートしたドライブイン・コンサートが著しい成長を見せるトレンドとなっている今、D-Niceはこの形態でのパフォーマンスを行なったメジャーなパフォーマーの一人だ(このイベントの生配信のホストを務めたのがザ・ルーツで、イベント中はバーチャルな投げ銭用の瓶の蓋が開けっ放しだった)。D-Niceはこの2カ月間、Club Quarantineでコンピュータ画面に向かって型破りなパフォーマンスを行なってきた。それでも彼は、車の中に座っている大勢の観客の前でパフォーマンスするのはまだ慣れないと言う。 「車の中にいる観客の前でのプレイに自分を慣らすなんて本当に奇妙だった。車の中の人たちの動きに慣れるまで15分くらいかかったよ」とD-Nice。「コール&レスポンスがクラクションの音で交わされるんだが、これに慣れたら一気にパーティー気分が盛り上がったね」と。

【関連記事】