Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クロップが前半のみで南野拓実を下げた理由とは?現地ファンの評価は割れる「悪くないけど…」

配信

GOAL

HTでの交代はクロップの新たな試み?

エヴァートン戦で45分間のみのプレーに終わったリヴァプールFW南野拓実について、ユルゲン・クロップ監督が交代理由を明かした。 【動画】南野拓実の強烈ミドルも!エヴァートンvsリヴァプール|ハイライト 1月の移籍市場でリヴァプールに加入した南野。プレミアリーグではなかなか出番を得られていなかったが、再開初戦となった21日の第30節のエヴァートン戦ではコンディション不良のモハメド・サラーに代わって先発出場を飾った。 チャンスを得た25歳FWだったが、攻守に奮闘するも好機にあまり絡むことができず。結果を残せないまま前半のみで交代となった。チームはスコアレスドローの引き分けに終わり、今節での優勝は持ち越しとなっている。 試合後クロップ監督は、南野の交代について言及。再開から5人の交代枠が認められているが、「試合前から5人の交代枠を使うことを考えていた。タキは良かった。最初は少し難しかったが、ゲームに入れていた。ハーフタイムでの交代はパフォーマンスとは関係ない。純粋に(5人の交代枠を)使ってみたかっただけだ」と明かした。 なお、現地でのファンの評価は割れている。リヴァプール専門サイト『Anfield Watch 』は、ツイッターで「ここまでのタクミ・ミナミノはどう?」と投稿すると、サポーターが続々と反応した。 「(ヴィルヒル)ファン・ダイクと同じチームでプレーするべきではない」や「ハーヴェイ・エリオットの方が良い」など否定的な意見も存在。その一方で「彼が任された役割を果たすスピードがない」、「よくやったけど、インサイドに入ってしまうため狭くなりすぎた」、「ミナミノは良い感じだけど、中央の方が向いている」、「悪くないけど、(ロベルト)フィルミーノの役割が合っているよね」というように、エヴァートン戦での役割は合っておらず、中央でのプレーの方が良さが生きるといった意見が多く見受けられている。

【関連記事】

最終更新:
GOAL