Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【 #B飛躍の5年目へ 】川崎ブレイブサンダース・佐藤賢次HC「天皇杯優勝、東地区優勝、リーグ優勝と3つの優勝を目標に」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バスケットボールキング

 10月2日から開幕するBリーグ。B1に所属するクラブは昨シーズンの18から2つ増えて20となり、それにともなって東西2地区制へと変更となった。また、ベンチ入りできる外国籍選手が2選手から3選手になるというルール変更が行われたため、開幕5年目を迎えるBリーグでの戦い方は、大きく変化すると想定される。そこで、バスケットボールキングでは、B1全20チームのヘッドコーチにインタビューを行い、今シーズンの戦い方や目標などを聞いた。  第19回は、31勝9敗と圧倒的な成績で中地区を独走した川崎ブレイブサンダースの佐藤賢次ヘッドコーチ。今シーズン、ロースターにほぼ変化を加えずに臨む中で、どのような変化をチームに加えようとしているのか。 インタビュー・文=吉川哲彦 取材日=2020年8月19日 ――はじめに、HC就任1年目となった昨シーズンを振り返ってください。 佐藤 「どういうバスケットをしたいか」ということをチームで共有して、作りたいと思っていたチームを作れたと感じていますし、選手一人ひとりがコートでしっかり表現できた試合が多かったと思います。ただ、優勝するチャンスがあったのにチャレンジできなかったことは残念で、その分も今シーズンは頑張りたいと思います。 ――ケガで長期離脱する選手もいた中で、逆境を乗り越えられた要因は? 佐藤 チーム作りを始めた時から言い続けていたのは、「全員がリーダーシップを持ってくれ」ということでした。誰が抜けても、何があってもチームが変わらない、誰がコートに立ってもその選手の強みが発揮できてチーム力が落ちない、そういうチームを目指しました。特に、天皇杯は辻(直人)がポイントガードをやって、違う色が出て強みも発揮できて、良い試合ができたと思います。 ――目の前の勝利ではなく、先を見据えて取り組んだところもありましたか? 佐藤 HCという職業は1年1年が勝負なのは間違いないのですが、1年目の中でできる土台作りはできました。今シーズンは、その土台の質を上げられるかどうか。昨シーズンはターンオーバーが多かったですし、一つひとつのポゼッションをパーフェクトにできていたかというと、まだまだです。1つのスクリーンや1つのパス、細かい部分の質を上げるのが目標です。ただ、ベースは何も変わらないですし、チーム作りで困っていることも特になく、順調にきていると思います。

【関連記事】