Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナウイルス対策の正しい手洗い。日本の水道水が優秀な理由とは

配信

ESSE-online

新型コロナウイルスの感染対策として、手洗いうがいに加え、消毒剤を使うことがうたわれています。 コロナウイルス対策にマスクは有効。ただし四六時中つけないで 「一般の方々が生活のなかで正しく意識しなければならないのは、除菌と消毒という2つの用語です。これを意識することで、神経質になりすぎたり、消毒剤を過剰に使用することを緩和し、適切な対処に繋がります」と話すのは、長年に渡って一般住宅、大学病院、老人介護施設など異なる環境に存在する「真菌・細菌・ダニ・微小昆虫」などを総合的に調査・研究してきた博士(農学)の川上裕司さん。 生活環境での手洗いの正しい手順と消毒剤の使い方について、詳しく寄稿していただきました。

新型コロナウイルス感染対策。夏に向けて「次亜塩素酸ナトリウム液」でふき掃除を

●除菌、消毒、手洗いの意味 殺菌、消毒、除菌、抗菌といった用語が日常で何気なく使われています。しかしながら、新型コロナウイルスの感染症対策において、一般の方々が生活のなかで意識しなければならないのは、除菌と消毒という2つの用語です。 日々励行している手洗いが「除菌」にあたります。近年、市販されている洗剤などの商品に「除菌」という用語が表示されていることもあり、殺菌や消毒という用語としばしば混同されることが多いようです。しかしながら、「除菌」の本当の意味は微生物を対象物から物理的に取り除くことです。 また、殺菌と近い意味のため、間違って使われることが多い「消毒」の本当の意味は、病原性のある微生物を対象物から害のない程度まで数を減らしたり、無毒化することです。

●消毒の方法 表9に消毒剤を用いる際の解釈とその目的のために使用する消毒剤の種類を示します。ここに示す「高水準」とは病院の手術室などの清潔区域での消毒を意味するので、新型コロナウイルス感染症対策として必要な水準は「中水準」です。 前述のとおり、生きている(活性のある)ウイルスの数を減らし、不活化させて感染できないようにするための処理が消毒であり、100%死滅させることが目的ではありません。これは対策のためにとても大事な概念です。 新型コロナウイルスはエンベロープウイルス(インフルエンザウイルスや新型コロナウイルスなど)ですので、消毒用エタノールによってエンベロープを破壊して不活化することができます。

【関連記事】