Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヒットしているクルマばかりじゃつまらない!? 現行モデルの迷車珍車5選

配信

くるまのニュース

現行モデルの激レア車が一堂に会する!

 自販連が発表した2020年6月の乗用車ブランド通称名別販売台数ランキングでは、トヨタ「ライズ」「ヤリス」「カローラ」が1位から3位に入りました。 【画像】路上で見かけたらラッキー! 現行モデルの迷車珍車を見る(19枚)

 3車合計で約3万3000台の販売台数と、コロナ禍においてもトヨタの強さが目立った結果ですが、一方で月販100台にも満たないクルマもあります。  その多くは、元々の販売目標が低く設定されているモデルのため、メーカーもそれほど危機感は無いのかもしれません。  そこで、現行モデルのなかから滅多にお目にかかれないレアなモデルを、5車種ピックアップして紹介します。

●ダイハツ「グランマックス」

 ダイハツは、新型「グランマックス カーゴ」と「グランマックス トラック」を、2020年6月22日に発表しました。発売は同年9月4日が予定されています。  この2車はインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター社で生産し、日本に輸入・販売されるモデルで、ダイハツが日本で販売するクルマとして、初めての海外生産車です。  これまで、トヨタが「タウンエース(ライトエース)」として、2008年からダイハツからOEM供給(輸入)され販売していたロングセラーな小型商用車でしたが、今回、マイナーチェンジを機に本家のダイハツブランドでも販売することになりました。  新開発の1.5リッターエンジンに換装され、予防安全装備として同じく新開発のステレオカメラを採用した「スマートアシスト」を搭載。  ボディサイズは、グランマックス カーゴが全長4065mm×全幅1665mm×全高1930mm、グランマックス トラックが全長4295mm×全幅1675mm×全高1920mmとコンパクトなため、都市部で荷物の配送や運搬に適したモデルです。  これまで、ダイハツが生産してトヨタにOEM供給するケースは多く、現行モデルではトヨタが販売する軽自動車全般に加え、普通車では「トール/ルーミー、タンク」や「ブーン/パッソ」、「ロッキー/ライズ」があります。  ロッキーとライズで2020年(1月から6月)の販売台数を比べると、ロッキーが1万7455台、ライズが5万8492台と、ライズが圧倒的に上まわる状況なため、今後、グランマックスは激レアなモデルとなりそうです。

【関連記事】