Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

外はひかえめだけど中身がスゴい!? ハズし方が絶妙な高性能モデル5選

配信

くるまのニュース

おとなしめな外観の内に秘めたパワーがみなぎるモデルを振り返る

 クルマの外観はキャラクターに合わせてデザインされるのが一般的で、高級車は重厚感のある押し出しの強さを表現し、スポーツカーは速さを誇示するかのようなスピード感を表現します。 【画像】お洒落すぎるスポーツカー! ひかえめだけど中身がスゴいモデルを見る(22枚)

 しかし、そうした王道のスタイルを、あえて控えめにしたモデルが存在。そこで、ちょっとハズした高性能モデルを5車種ピックアップして紹介します。

●スバル「インプレッサ WRX STI Aライン」

 1994年に発売されたスバル「インプレッサ WRX STI 」は、世界ラリー選手権に出場するために開発されたスポーツセダンと、ステーションワゴンをラインナップし、登場後は毎年のように性能向上が繰り返されました。  そして、2000年に第2世代へとフルモデルチェンジして、2006年には「インプレッサ WRX STI Aライン」を追加ラインナップ。  ベースのインプレッサ WRX STIに比べ、大型のスポイラーが装着されていないことや、シックなカラーリングが設定されるなど、大人のための高性能セダンというコンセプトで開発されました。  パワートレーンやドライブトレーンはベースと変わらず、エンジンは280馬力を発揮する2リッター水平対向4気筒ターボ「EJ20型」を搭載し、トランスミッションは6速MTのみが組み合わされ、前後の駆動力配分をドライバーが任意に設定できる「DCCD方式 AWD」を採用しています。  また、走りだけを追求したモデルではなく、アルカンターラと本革を組み合わせた専用スポーツシートや、遮音性を高めるため、厚手のフロアマットやフロントフェンダーのインシュレーターを装備し、ジェントルな高性能車となっていました。  スタンダードなWRX STIよりも数は少なく、現在ではレアなモデルです。

●ホンダ「インテグラタイプR ローウイングタイプリアスポイラー」

 1995年に登場したホンダ3代目「インテグラ」の高性能版である「インテグラタイプR」は、チューンナップされた専用エンジンや、強化サスペンション、クロスミッションなどを搭載して、サーキット走行も視野に入れて開発されました。  外観で最大の特徴はリアに装着された大型スポイラーで、一見するだけでスポーティなモデルということを主張しています。  2001年に発売された2代目インテグラタイプRは、220馬力を誇る2リッター直列4気筒エンジンを搭載し、レカロ製シート、MOMO製ステアリングホイール、チタン色アルミシフトノブ、ブレンボ製フロントブレーキキャリパーなどを備え、当時は「世界最速のFF車」と呼ばれました。  また、先代と同様に大型リアスポイラーや各種エアロパーツが装着され、見た目からもハイパフォーマンスさがうかがえます。  一方で、この派手な外観を好まないユーザーのリクエストから、2004年のマイナーチェンジで、ローウイングタイプリアスポイラーを装着したインテグラタイプRを追加ラインナップ。  小ぶりなリアスポイラーによって外観は「インテグラタイプS」に近く、エンブレムを見ないとタイプRには見えませんでした。  販売台数はかなり少なく、現在の中古車市場でもわずかな台数しか流通していません。

【関連記事】