Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

単身会社員が「二子玉川」に住んだら…頭をよぎる洪水の記憶

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、東急田園都市線と大井町線の「二子玉川」。 【ランキングをみる「興味ある街」】

憧れの街が一変!台風で浸水リスクの高さが露呈

「二子玉川」は東京都世田谷区に位置する、東急電鉄田園都市線と大井町線の駅です。1日の乗降人数は、田園都市線が10万人強、大井町線が6万人強です。 セレブタウンとして知られる二子玉川ですが、その地名は、かつて多摩川を挟んだ川崎側にあった「二子村」と世田谷側にあった「玉川村」に由来します。江戸時代、大山街道沿いにあたるこの辺りには宿場があり、多摩川の渡し舟「二子の渡し」で対岸を結んでいたため、茶屋街が発達。明治時代には、料亭街へと変化していきます。 「二子玉川」駅の駅名は、遊園地の存在によって改称を何度も繰り返しました。 1907年、玉川電気鉄道(のちの東急玉川線)「玉川」駅、1929年には、目黒蒲田電鉄二子玉川線(現在の大井町線)「二子玉川」駅が開業。 1939年、玉川線「玉川」駅が「よみうり遊園」駅に改称すると、1940年には大井町線と玉川線の両駅を統合して「二子読売園」駅に改称します。「よみうり」「読売」と駅名についたのは、「玉川第二遊園地」(のちの「二子玉川園」)が読売新聞とタイアップし「読売遊園」に改称したためでした。 さらに1944年、戦況の悪化を受けて読売遊園が休業すると「二子玉川」駅に変更されますが、1954年、東急不動産の手により遊園地が「二子玉川園」として再開すると、次は名前そのまま「二子玉川園」駅に改称。1985年に閉園したものの、駅名はそのまま残りました。2000年、現駅名に改称することになり、現在に至ります。 ちょっとややこしい二子玉川ですが、セレブの街として決定づけた「玉川髙島屋S・C」の存在なくして語ることはできません。オープンは1969年。百貨店と125の専門店からなる郊外ショッピングセンターの先駆でした。モータリゼーションを予見し、大規模な駐車場を完備。近隣の高級住宅街から高級車で乗りつける姿が話題を呼び、二子玉川はセレブが集う街としてイメージづけられていきます。 一方、駅東口エリアは、「二子玉川園」が閉園すると急速に活気を失っていきます。しかし近年、跡地を中心とした再開発により誕生した「二子玉川ライズ」によって、一気に様相は変わります。2010年から段階的にオフィスやホテル、タワーマンションなどがオープン。ほぼ駅西口だけに向かっていた人が東口にも流れるようになり、回遊性とにぎわいを備えた都市空間が生まれました。 憧れの街として人気を集め続けていた二子玉川でしたが、昨年、台風19号による多摩川の氾濫で、川崎の武蔵小杉とともに浸水被害を大きく報道されると、洪水リスクの高い街としての印象が強まりました。 世田谷区のハザードマップを確認すると、多摩川の氾濫によって浸水した兵庫橋から玉川1丁目にかけては、浸水リスクが高い場所に指定されています。また平成元年から30年の世田谷区水害記録でも、集中豪雨などによって浸水被害が報告され、もともと、浸水しやすいエリアだったことがわかります。 賃貸でこのエリアを選ぶのであれば、万が一を見越して、一定以上の階数の物件を選ぶなどすれば、安心して街の利便性を享受できる暮らしが手に入ります。

【関連記事】