Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【佐藤栞里】スペシャルインタビュー。30歳になった彼女の、初めて語る野望

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

佐藤栞里スペシャルインタビュー。30歳になった彼女の初めて語る野望

7月27日、30歳の誕生日を迎えた栞里。自分について多くを語ることのない彼女が初めて話してくれた未来のこと。 【佐藤栞里】人生最大のモテ期は小学校? 可愛すぎるツインテールショット!

佐藤栞里、30歳。これからのこと。

「周りにいる30代の人たちがすごくキラキラしていて『もっと楽しいし、もっと自由になれるよ!』と言ってくれているおかげだと思うんだよね。でも今このイメージを持つことができてよかった。この5年間いろいろ葛藤があって。この先どうなるのかな? って不安の中で生きていた時には、こんなふうに思えなかったから」  そう語るように少し前まで栞里は苦悩の中にあった。25歳の頃からモデルとしての人気が上がり、誰もが知るテレビ番組にレギュラー出演、その名前を知られるようになった彼女を、世間の人は“順風満帆”だと思っていたかもしれない。でもその陰で急激に増える仕事の忙しさと周囲からの期待を一身に背負い、緊張とプレッシャーに押しつぶされそうになっていた。当時をこう振り返る。 「もうね、ぜーんぶが悪循環だった。もともとひとつのことをめちゃくちゃ考えちゃうタイプ。それで頭がこる、血液の循環が悪くなる、肌が荒れる、とはいえお仕事のことはちゃんとしたいから寝るより勉強したい。という最悪なループ。当時は目の前のことに必死でその状態がダメだということにすら、自分でも気がついていなかったんだけどね」  知らず知らずのうちに自分を追い込んでいた心のストレスは、そのうち爆発的なニキビの悪化という形になって現れ、彼女の苦難はつい1年ほど前まで続いていた。 「何十軒と皮膚科を回ってやっと自分に合う治療法を見つけられた頃から少しずつ光が射して、ちょうど同じ頃、誰かひとりにでもいいから自分の心の内を全部話せたら楽になるということを知ったの。それは川田さんとの出会いも大きかった」  “川田さん”とはフリーアナウンサーとして活躍する川田裕美さんのこと。『沸騰ワード10』をはじめとした番組共演で仲を深め、今では人に対して気を使いすぎてしまう栞里が「明日ごはん行きませんか?」と気軽に誘える貴重な存在になっていた。 「川田さんはね『栞里ちゃん、悩み聞くよ!』とは言わないの。『最近どう?』と軽い感じでごはんに誘ってくれて、自然と私の悩みを聞き出して、いつの間にかそれを笑いに変えてくれる。悩みってマイナスなことだし、誰かに聞いてもらうのは申し訳ないってずっと思って生きてきた。でも川田さんがいつも笑ってくれるから、打ち明けてもいいんだなって思えるようになったの」

【関連記事】