Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

馬好きのエリザベス女王、競馬の祭典「ロイヤルアスコット」への出席叶わず

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 毎年6月のこの時期に、イギリス王室が主催する競馬の祭典「ロイヤルアスコット」。馬好きのエリザベス女王にとって、最もお気に入りのイベントであることはよく知られているが、このイベントにとっても、女王は非常に特別な存在だ。  開催期間中、女王は毎日ほかのロイヤルメンバーたちとともに馬車の行列で会場を訪れ、レースを観戦する。レースだけでなく女王が選ぶ色の帽子の色なども賭けの対象となり、この期間は毎年ブックメーカーも活気づく。 【写真】プリンセス&レディの社交場! ダイアナ妃&キャサリン妃ほか、歴代ロイヤルアスコットスナップ50 だが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、このロイヤルアスコットもその他の多くのイベントと同様、大幅な変更が避けられなくなってしまった。開催自体は実現したものの、レースは無観客で行われることとなり、女王は68年の在位期間において初めて、会場での観戦を見送ることに。

ただし、それでも女王は、今年のレースにまったく関わっていないわけではない。例年どおり、「レースカード(出馬表)」が掲載されるプログラムの前書きの部分には、女王からのメッセージが掲載された。アスコット競馬場はツイッターで、女王のメッセージをシェアしている。 「今年のロイヤルアスコット開催をともに祝う数多くの関係者とファンの皆さん方に、ご挨拶の言葉を送ります」 「この困難な時に、世界中から最高の競走馬と騎手の皆さんを迎えられたことを、改めて嬉しく思います。そして、開催実現のために貢献してくれた皆さんに敬意を表します」 「友人や家族、同僚たちと集まり、ともに楽しむ機会であるアスコットは今年、多くの人たちにとって例年とは違ったものになるでしょう。ですが、イベントの関係者や馬主、トレーナー、厩舎のスタッフの皆さん方の素晴らしい努力のおかげで、このレースは今年もイギリスにおける最も素晴らしいスポーツイベントのひとつとなり、年内に開催される競馬のハイライトとなります」 「直接、またはバーチャルでロイヤルアスコットに参加するすべての皆さんが、最も楽しい1週間を過ごせることを願っています」 レースとそれに関わるすべての人たちへの愛を感じる女王のメッセージは、コロナ禍でのイベント開催に尽力した人たちにとって、何より嬉しいものとなったはず。

From TOWN&COUNTRY

【関連記事】