Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

上白石萌音、重症心身障がい児親子イベントに出演「“知る”ことが第一歩」

配信

BARKS

オンラインライブイベント<重症心身障がい児親子イベント TSUNAGU ~音楽の力でみんな笑顔に~>が7月11日に開催された。 ◆イベント動画 これは「医療×音楽」で重症心身障がい児とその保護者の方々を支えるプロジェクト「MIRAIへTSUNAGU」の一環として行われたもの。重症心身障がい児とその保護者の方々2組、理学療法士、「MIRAI」「TSUNAGU」スタッフに加え、ペシャルトークゲストとして上白石萌音が参加した。 イベントでは家で出来るマッサージ・ストレッチ講座が行われた後、上白石萌音と重症心身障がい児、その保護者とのトーク交流会も行われ、上白石萌音が絵本「うまれてきてくれてありがとう」を読み聞かせる場面も。 また、保護者から「上白石さんが普段行なっている健康法、美容法」や「仕事のモチベーションを維持する方法」などの質問が飛び出すと、上白石萌音は「やっぱり、体もお肌も一番“心”を映すものだと思っていて、心が健康であることが一番大事。だから(心を)いかに穏やかに優しく保てるかっていうこと(が大事)な気がしてて、そのためには“好きなことを大事にする”、“ちゃんと愚痴を言う”、“いっぱい笑う”の3つかなって思います」と回答。 またモチベーションを維持する方法については「“好きでやってるぞ”っていうのを思い出すとがんばれます。あと、身近な人の喜ぶ顔とかを思い浮かべたりします。なんかそういうことをパワーにがんばってますね」とコメントした。 最後に上白石萌音は「今日は素敵な機会をいただいてありがとうございました。やっぱり、こういうきっかけがあるってほんとに素敵なことだなって思いますし、みんなが楽しく暮らすためには、ひとりひとりがあったかい心を持つことが大事だし、“知る”ってことがその第一歩なのかなと思っています。なのでこれで終わらずに、これからも続いたらいいなと思います」と挨拶し、イベントを締めくくった。 このオンラインイベントの模様は、現在アーカイブ配信中。

BARKS

【関連記事】

最終更新:
BARKS