Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フェアウェイウッドもSIM MAXが人気! 2020年上半期「売り上げトップ5」を聞いてみた!【フェアウェイウッド編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

2020年も気づけば上半期が終了。今年も多くのニューモデルが発売されたが、一番売れたのはズバリどれ!? 全国の「ゴルフ5」の総売り上げデータを基に、番手ごとに連日ランキング形式で発表! 今回はフェアウェイウッド編をお届けする。

ドライバーに続き、FWもSIM MAXが人気

さっそく、全国の「ゴルフ5」の2020年上半期フェアウェイウッド総売り上げランキング、1位から5位までを見てみよう。 1位:テーラーメイド「SIM MAX」 2位:ピン「G410」 3位:ダンロップ「ゼクシオ11」 4位:キャロウェイ「マーベリック」 5位:テーラーメイド「SIM」 やはりウッド類は合わせ買いが多いのか、売り上げ上位5モデルを見ると、順位の変動こそあるものの2020年上半期ドライバー売り上げランキングと同じラインナップとなった。 そんな中でドライバーに続き、フェアウェイウッドでも1位を獲得したのは、テーラーメイドのSIM MAX。兄弟モデルのSIMは4位にランクイン。両モデルともに、往年の名器「Vスチール」のソール形状がブラッシュアップを経て採用されており、その抜け性能の高さもアマチュアゴルファーの人気を集めた要因の一つだろう。 SIM MAXはステンレス製のボディでつかまりやすく、スピン量も確保できるやさしめのモデル。一方SIMはチタン製ヘッドでより飛距離性能に特化したモデルとなっている。

2位のピン「G410」は、全3モデルがラインナップされている同シリーズの中で渋野日向子がバッグインしているモデル。ドライバーの「G410プラス」と同様、シブコ人気で発売から1年以上が経っているものの高順位をキープした。

一方、ドライバーでは売り上げランキング5位だったゼクシオ11は3位に浮上。過去シリーズから継承されている“やさしく飛ばす”というコンセプトが、フェアウェイウッドでもユーザーの信頼を勝ち取った。 テクノロジーで言うと、フェース周辺部を極薄に設計しソールをたわませて飛距離を伸ばす「キャノンソール」、そしてグリップエンド部にウェートを装着することでカウンターバランス効果を生み、スウィングの安定や振り抜きの向上につながる「ウェートプラステクノロジー」と、よりやさしく飛距離を出せるモデルとなっている。

5位のキャロウェイ「マーベリック」は、3モデルラインナップされている同シリーズの中でスタンダードな性能を持つモデル。 モデルごとに最適な形状となるよう設計されたAIフェースを採用し、しっかりボールを弾いて高初速で飛ばすモデルだ。ややアップライトかつシャローな形状なので、ボールを上げてくれるイメージを持ちやすいのも人気の理由の一つかもしれない。 ドライバーとセット買い需要の高いフェアウェイウッド。それだけに、ドライバーのランキングと連動した結果となった。

みんなのゴルフダイジェスト編集部

【関連記事】