Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

住宅ローン変動金利、またも引き下げ! ジャパンネット銀行が史上最低の0.38%に

配信

ダイヤモンド不動産研究所

住宅ローンの変動金利をめぐり、再び金利を引き下げる動きが出てきた。ジャパンネット銀行は7月の金利更新で変動金利を0.38%(新規借入、借り換えの両方)に引き下げた。キャンペーンなどを除いた変動金利としては、過去最低金利を更新した格好だ。他にも住信SBIネット銀行、SBIマネープラザが金利を引き下げている。市場金利は、国債増発を嫌って若干上昇しつつある中で、変動金利の下落はまだまだ続きそうだ。 ジャパンネット銀行が、変動金利を0.38%に引き下げ!

ジャパンネット銀行が変動金利引き下げ

 住宅ローンの変動金利は、この数年間、ずっと下がり続けてきた。3年前の2017年ごろから金利が0.5%を切る銀行がちらほら出てきたが、その後も金利は下がり続けた。2020年1月には、ジャパンネット銀行が金利を0.415%から0.399%に引き下げ、0.4%の壁を突破。7月にはついに0.38%まで金利を引き下げた格好だ。  実は、2020年1月にライバルのauじぶん銀行が金利の割引プログラムをスタート。変動金利は0.410%(全期間引き下げプラン)だが、「じぶんでんきセット金利引き下げ」を併用することで、金利を0.03%引き下げ、結果として金利0.38%を実現していた(7月1日現在もキャンペーンは継続中)。ただし、この割引プログラムは、新電力会社「じぶんでんき」への加入が条件となっており、誰でも利用可能というものではなかった。

auじぶん銀行も、割引併用で同金利

 では、現在の主要銀行の変動金利はどうなっているのか見ておこう。 ■主要銀行の変動金利(新規借入、7月1日現在)・0.380%:ジャパンネット銀行(全期間引き下げプラン)0.399%から引き下げ ・0.380%:auじぶん銀行(全期間引き下げプラン、じぶんでんきセット金利引き下げ) ・0.410%:auじぶん銀行(全期間引き下げプラン) ・0.410%:住信SBIネット銀行(通期引き下げプラン)0.457%から引き下げ ・0.410%:SBIマネープラザ(ミスター住宅ローンREAL・通期引下げプラン) ・0.450%:新生銀行(変動フォーカス) ・0.450%:東京スター銀行 (スター住宅ローン) ■主要銀行の変動金利(借り換え、7月1日現在)・0.380%:ジャパンネット銀行(全期間引き下げプラン)0.399%から引き下げ ・0.380%:auじぶん銀行(全期間引き下げプラン、じぶんでんきセット金利引き下げ) ・0.398%:SBIマネープラザ(ミスター住宅ローンREAL・通期引下げプラン)0.410%から引き下げ ・0.398%:住信SBIネット銀行(通期引き下げプラン)0.428%から引き下げ ・0.410%:auじぶん銀行(全期間引き下げプラン) ・0.429%:りそな銀行(全期間型・WEB申込限定プラン) ※表面金利が0.450%以下の主な銀行・金融機関の住宅ローンのみ掲載。全て最優遇金利で、審査の結果によって金利が上がることもある。基本はネット契約商品の金利。18銀行500商品から調査。諸費用は全商品一緒で、手数料として借入額×2.2%。りそな銀行のみ、諸費用は借入額×2.2%+3.3万円。  以上のように、7月1日に金利を引き下げたのは、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、SBIマネープラザの3金融機関だった。  なお、住信SBIネット銀行及びSBIマネープラザは、借り換え金利にを0.398%に引き下げた。これは、明らかに6月まで最低金利だったジャパンネット銀行をわずかではあるが0.001%下回るという金利で、割引プログラム等なしでの、最低金利を実現しようとしたものだった。しかし、そのジャパンネット銀行が更に金利を引き下げたために、肩透かしを食らってしまった。  なお、上記の住宅ローンはすべて手数料が、「借入額×2.2%」で横並びなので、単純に金利だけを比較すれば有利な商品がわかる(りそな銀行のみ、借入額×2.2%+3.3万円と若干高い)。  ジャパンネット銀行は、セット割引を使わなくても利用できるので、利用しやすくなったといえる。ただし、ジャパンネット銀行は、個人事業主は申込できないほか、対象となる不動産にも条件が付く。賃貸併用住宅、借地物件、不動産業者の仲介のない個人間売買、保留地物件などは融資の対象外となっている。  一方、auじぶん銀行で「じぶんでんきセット金利引き下げ」が使えない場合は、金利0.410%(全期間引き下げプラン)となるが、auじぶん銀行は無料の団体信用生命保険が充実している。以下が無料付帯している。 ・死亡・高度障害保障 ・がん50%保障 ・全疾病保障(180日以上の継続入院で住宅ローンがゼロ)  団信の充実を検討するのであれば、auじぶん銀行という選択肢もありだろう。

【関連記事】