Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「老後の夫婦像」どう考えてる?介護や離婚…500人の男女に聞きました

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
kufura

●老後の楽しみといえば「やっぱり夫婦で旅!」旅派も多数 「旅行に行きたい」(32歳/女性/その他) 「今でももうやっているが、海外、特にヨーロッパ旅行をすること」(59歳/男性/その他) 「老後は余裕があれば世界を旅行して余生を楽しむ」(49歳/男性/企画・マーケティング) 「一緒にキャンピングカーで旅行をしている」(45歳/男性/コンピュータ関連技術職) 時間を贅沢に使える老後は、「旅をしたい」と答えた方が多くいました。時間に追われない長めの旅や、世界一周などとスケールが大きいものを想像している方が多い結果に。子育ても終わり、自分たちだけのことを考えてできる旅。思いっきりエンジョイしてください! ●1人でも、夫婦共通でも「趣味に生きたい!」 「同一趣味を楽しむ」(50歳/男性/その他) 「家庭菜園などの2人の楽しみを見つけて、のんびり過ごす」(33歳/女性/主婦) 「各々の趣味、生活を尊重していく」(53歳/女性/主婦) 「趣味などを充実させて好きなことをして健康に暮らす」(57歳/女性/コンピュータ関連以外の技術職) それぞれの、または2人共通の趣味を楽しみたいという方も多くなりました。好きなことに没頭することで、生きがいができて、生活に張り合いができるもの。穏やかな気持ちで暮らせることで、心と体の健康に結びつきそうですね。

●都会を離れ「田舎で夫婦だけでのんびり暮らす」 「都心ではなく地方で贅沢な田舎暮らしを考えている」(28歳/女性/その他) 「田舎で農業」(57歳/男性/公務員) 「田舎に広い家を買ったので、そこで田舎暮らしを満喫しつつ、たまに子どもたちの家族を迎えて、楽しく暮らす。2人とも、老衰で、縁側で寄り添いあって死んでいく気がする」(56歳/女性/主婦) リタイア後は、田舎でのんびり暮らすという夢も贅沢ですよね。広い畑で好きな野菜を作ったり、自然がたくさんあるところでのびのびと暮らせるのは、老後ならではの楽しみなのかもしれませんね。

【関連記事】

最終更新:
kufura