Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

横山ルリカ、スプリンターズSの軸選びに苦悩。3つの傾向がカギ!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webスポルティーバ

関連記事はコチラ>>横山ルリカが感じた「圧倒される幸せ」。2020年競馬前半戦を振り返る 【写真】『ウイニング競馬』司会の森香澄アナ・フォトギャラリー アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、競馬番組で活躍する横山ルリカさんに、中央競馬秋シーズンの最初のGIであるスプリンターズS(10月4日/中山・芝1200m)について展望を聞いた。   今回のスプリンターズSは、「これが絶対来る!」という飛び抜けた馬がいないように思います。どの馬が1着になっても驚かないメンバーなので、軸選びが難しいですね。  今年の傾向として、「9番人気以下に要注意」で、「中山の馬場は例年よりも時計がかかる」ということ、そして例年のスプリンターズSの傾向として、「勝つ馬は継続騎乗の騎手」という3点を頭に入れておきたいです。  今夏のスプリント(短距離戦)重賞レースは、毎回9番人気以下の馬が馬券に絡んでいて、人気上位の馬で決まった印象があまりありません。GⅢCBC賞(阪神・芝1200m)では13番人気だったラブカンプー(牝5歳)が逃げ切ったり、GⅢキーンランドC(札幌・芝1200m)では1番人気のダイアトニック(牡5歳)が惨敗したり。さかのぼってみると、今年3月のGI高松宮記念(中京・芝1200m)も、1着入線(進路妨害で4着降着)のクリノガウディー(牡4歳)が15番人気、繰り上がり1着のモズスーパーフレア(牝5歳)も9番人気でした。  今回のメンバーを見ると、グランアレグリア(牝4歳)以外は、この夏のスプリント路線のメンバーが集まっていますね。ほかの3歳クラシック路線や古馬中距離路線と違って、人気になる馬が限られるわりには、どの穴馬にもチャンスがある状況だと思います。軸も、穴も絞り切れないなぁと悩んでいます。

また、過去のスプリンターズSは継続騎乗の馬がずっと勝っています。しかし今回は、元の騎手に戻るという馬も含めて、有力馬の乗り替わりが多いのです。  そして今年の中山は、例年よりも1秒以上時計が掛かっているので、適性が問われるところです。そういった意味で、3月の道悪の高松宮記念で好走した馬たちは、重い馬場への適性という点で注目せざるを得ません。  そういったことを踏まえると、グランアレグリア(牝4歳)とモズスーパーフレア(牝5歳)の一騎打ちで、どちらかが軸になるかなと思っています。  グランアレグリアはこの春、GI安田記念(東京・芝1600m)でアーモンドアイを破るなどすばらしいパフォーマンスを見せてくれました。休み明けでも問題ないですし、高松宮記念で2着という内容から馬場適性もありそうです。  ただ、安田記念のあの勝ちっぷりは、1200mの高松宮記念からのレースという流れがありました。また1200mに戻してどうなるのか、さらに初の中山コースでどうか、といった懸念はあります。(主戦騎手だった)ルメール騎手に戻りますが、乗り替わりについてもデータ的に気になるところです。とはいえ、レースが終わってみれば、「やっぱりルメールさんかぁー!」ってこと、よくあるんですよね(笑)。

【関連記事】