Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Tリーグ】異例の日本代表男子VS女子は女子が勝利 早田ひなが決める

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 卓球「Tリーグ」の「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」が14日、都内で行われた。第2部では日本代表の男子と女子が異例の対決に臨み、女子がゲームカウント2―1で勝利した。日本代表女子は石川佳純、早田ひな、長崎美柚で組んだ。男子はこの日の試合前に水谷隼が体調不良で欠場したが、張本智和、丹羽孝希、宇田幸矢、森薗政崇が出場した。  コロナ禍でトップ選手が出場する試合が行われるのは3月の国際大会だった。約半年ぶりの試合で、実現した男子と女子の対戦。第1ゲームは女子が4ポイントとサーブ権のハンデを生かし、11―10で押し切った。第2試合は女子の4―0からのスタートだったが、サーブ権は交互。男子は1―7と劣勢だったが、丹羽の6連続得点などで猛追。最後は10―10から宇田が決めた。  当初は4ゲームマッチだったが、試合時間の関係で1ポイント勝負となった第3試合。早田ひなと宇田幸矢が対戦し、早田がフォア側への短いサーブで得点。ゲームカウント2―1の勝利に両手を突き上げ、石川や長崎と喜び合った。

報知新聞社

【関連記事】