Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

8月の自殺者が前年比で急増。コロナ禍の中だからこそ知っておきたい「自殺のサイン」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
HARBOR BUSINESS Online

 俳優の芦名星さんの自殺報道があった。報道によると、遺書がないため自殺の原因についてはよくわかっていないが、さまざまなメディアで憶測が立てられていくだろう。三浦春馬さんの自殺報道が記憶に新しいなか、芸能人の自殺のニュースが続いている。

8月の自殺者数が前年比で増加

 もし、自分自身の周りに自殺のサインを出している人がいたとして、私たちはそれに気づくことができるのだろうか。そもそも、自殺のサインについて正しく理解できているのだろうか。  実は、8月の自殺者数が去年に比べて増えている。8月の自殺者数は1849人となり、前年同月比で246人増加している。コロナによって、今後の生活に不安を抱えたことが原因かと考えられるが、なんと1日に約60人が自殺している計算になる。個人的には、この数字はかなり多いと感じる。愛知県は自殺者の急増に伴い、緊急の会見を行なって、不安を抱え込まないでほしいと呼びかけた。  「こころの健康相談統一ダイアル」(0570-064-556)というものが設置されており、そこへ気軽に相談することができるが、電話してみたところ電話が混み合っていて、相談窓口までたどり着くことができなかった。他にも区別のものや施設などが実施している相談窓口があるので、そちらのほうが通じやすいのかもしれない。  もちろん、そのような窓口に相談することは重要だが、同時に周りの人が「自殺のサインに気づけるか」というのも重要である。1番身近な人が、自殺のサインに気づき、相談に乗ってあげて、悩みを1人で抱え込む孤独感から解放してあげることが、自殺を思いとどまらせるのに効果的な方法のひとつだ。  自殺を考えている人は、「相談をすると迷惑かもしれない」「弱い自分を否定される(受け入れてもらない)かもしれない」「相手を重たい気分にさせるかもしれない」といった不安を抱えているため、自分から相談ができない。そのため、その人が無意識に/意識的に発している自殺のサインに気づいてあげる必要があるのだ。  ただ、多くの人は、自殺のサインについて無知であり、無頓着である。自殺のサインに気づいていたとしても、「誰にでも、そういうときはあるよね」と、鈍感になってしまう。これは、「正常性バイアス」と呼ばれ、異常な事態でも、それが正常範囲内だと軽く捉えてしまうのだ。

【関連記事】